« NHKタクシー代45億円! | トップページ | 曙がWWEのリングにあがった »

2005.02.05

ハイブリッド車6年後6倍になるってさ

米調査会社JDパワー・アンド・アソシエーツが予測したところによると、
ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車について、米国での販売台数が2011年までに昨年の約6倍の年間50万台以上に拡大するとの見通しを明らかにした。また車種も40近く、シェアは3%に上昇。

この分野で先行するトヨタ自動車やホンダなど日本勢に加え、巻き返しに向けてゼネラル・モーターズ(GM)など米国勢が新規参入すると予測している。

 ただ、米市場全体に占めるハイブリッド車の割合は0・52%から3%と、比較的低めの数字にとどまる見通し。JDパワーは、通常の車に比べ3〜4000ドル(約41万円)割高なことや「2006年以降、ハイブリッドに対抗するディーゼル車や低燃費車が登場するため」と説明している。

メーカー別のシェア(占有率)では現在60%以上のトヨタが40%に下げるが、トップを維持する見通し。GMが一気に15%に躍進するとしている。

トヨタのハイブリッド車プリウスをタクシーとして導入しているのが練馬タクシーである。同じ東京無線の宝自動車でもプリウスの導入予定がある。通常法人タクシーは燃料がLPGで燃費はリッター5kmくらい。プリウスはガソリン車だがタクシーとして使用してもリッター15kmは走るという。燃料代は約2倍だが、距離が3倍に伸びれば採算はあう。ただしタクシーは50万km走行で廃車。プリウスは何kmもつのか?またバッテリーなどの交換費用はLPG車よりかさむらしい。今後はハイブリッド車やアルファードなどの高級ミニバンもタクシー車両として増加していきそうだ。

☆おもしろショップ岩尾野屋

毎日ハッピーに行こうっ!「Happy★Days」


Click Here!


|

« NHKタクシー代45億円! | トップページ | 曙がWWEのリングにあがった »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイブリッド車6年後6倍になるってさ:

« NHKタクシー代45億円! | トップページ | 曙がWWEのリングにあがった »