« 2008年 新年あけました。 | トップページ | 正月は、のだめカンタービレ »

2008.01.03

厄年って神社の陰謀か?

初詣はすませたが、その行列の中で
神社のいろんな案内を見ることになる。

厄払いがどうのこうのとかさ。

いったい厄年っていつくあるんだ。

本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、
女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている。

特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、
凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされており、
語呂合わせでも男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通じる。

数えというのは、誕生日前だと +2歳、誕生日を迎えている場合 +1歳を足して計算する。

なんだか、面倒くらいが、ようは、毎年家族の誰かが厄年になってしまうわけで
そのたんびに、大金を神社に納めるようなことはしたくない。

あれは、きっと経営不振の神社の陰謀に違いない、
うん、そうにきっと違いない。

ということで、我が家には、河童大明神がいるので
水槽に向かって丁寧にお辞儀して、テトラレプトミンを
パラパラっと差し上げれば、幸運好転、健康、交通安全間違い無しさ?


厄よけパワーストーンで、災難をはらいのけましょう!

■厄除けと御守りのパワーストーン:オブシディアン
オブシディアンは、悪霊を払いのけ、災いをさえぎるチカラを持つ
最強のパワーストーンです。
忍び寄る邪悪なエネルギーや人の災いをはねのけ、
持ち主に陽のエネルギーと勇気を与えてくれます。

また、目標に向かっていく力を与えてくれます。
外部からの強いストレスを受けている時にはサポーターとして陽のチカラを与え、
肉体的には、高血圧・不整脈・免疫力を高めるといわれています。

オブシディアンブレスレットStyle058厄除けと御守りのパワーストーン 香港気功師のパワー入り

パワーストーンも買う事ができますよ↓
ヤフオクで探してみる?


|

« 2008年 新年あけました。 | トップページ | 正月は、のだめカンタービレ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厄年って神社の陰謀か?:

« 2008年 新年あけました。 | トップページ | 正月は、のだめカンタービレ »