« 松江シティーホテル | トップページ | 松江城 天守閣 »

2010.08.31

松江城保存につくした人達

重要文化財 松江城は、全国に現存する12天守の1つで
山陰では唯一の天守閣です。

しかしこの美しいお城も実は、明治政府のもと無くなる運命だったのです。

この松江城を保存した人たちを忘れてはいけません。

明治4年1871年4月、松江城の廃城が決まり、明治8年1875年に、利用できる釘や
鎹(かすがい)など金物が目的の入札が始まる。

木材はもやし、石材は壊されるしかなかった。
松江城は失われる寸前にあった。

この危機を救ったのが、元松江藩士高城権八と出雲郡出東村(現在の斐川町坂田)の
豪農 勝部本右衛門家の人達であった。

0363takashiro

高城権八 たかぎごんぱち

0363katube

勝部本右衛門栄忠 かつべもとうえもんしげただ

高城は銅山方役人、勝部家は当時、銅山経営をおこなっていたので、本右衛門栄忠と
息子の景浜は、高城と公私にわたる親しい間柄だった。

そのとき、松江城を管理していたのは、陸軍広島鎭台だった。

入札で松江に来ていた責任者の斉藤大尉と会い、入札額と同金額を納めるから
せめて天守閣だけでも残して欲しいと懇願した。

天守閣の入札額は180円だったと伝えている。

こうして、高城権八と勝部本右衛門の努力で松江城天守閣は残り、
全国に現存する12天守の1つとして、今も戦国の威風を漂わせて松江の町を守っている。

0366matsuejyo_iriguti

0367tensyukaku_matsuejyo

よみがえる日本の城6 萩城 (歴史群像シリーズ)

|

« 松江シティーホテル | トップページ | 松江城 天守閣 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松江城保存につくした人達:

« 松江シティーホテル | トップページ | 松江城 天守閣 »