« 第6回 湘南国際マラソン 後半 | トップページ | トレッドミルが苦手 »

2011.11.20

旅館 やまいち 平塚市

湘南国際マラソンの前日に利用した宿です。

東京から、湘南国際マラソンの会場である大磯ロングビーチまでは
始発電車で行けば、間に合う距離ですが、過去の大会参加者の
ブログ記事などでは、非常にアクセスが悪いという評判でした。

電車もJRしかないため、休みなのに東海道線は出勤電車並みの
すし詰め状態だったというのです。

というわけで、私は朝ゆっくりと食事をとりたいので(フルマラソンなので
食事は重要)前泊することに。


湘南国際マラソンのエントリーは、大会サイトから申し込むのですが、
当然、当日はなかなか繋がらない。
なかば諦めて、翌日朝、ログイン状態のままでおいたPCをみると
自分のエントリー順番がまわってきた!


さて宿はどうしようかと、数日後ネットで検索。

そもそも大磯には、プリンスホテルくらいしか宿泊施設はない。
マラソン前日の空き部屋は無し。

で、平塚で探すと数件、まだ予約できる宿があった。

宿の設備がどうのこうの、などの希望はいっさいないので
何の比較も考えもなく、駅から近かった、旅館やまいちに決定。


旅館 やまいち


あとからネットで検索した情報だと、ペットと泊まれる宿で
都心から比較的近く、犬達と海へ散歩へ行けるという
宿みたいだ。

しかし、作りはへんちくりんで、いくつもの建物からなっており
風呂は大浴場しかなかったり、設備が古かったりと、中には
もうこの宿は2度と使いません!
なんていう意見もあった。


私の部屋は、3階にある6畳1間の個室。
小さな冷蔵庫、ポット、写りの悪いテレビ、電話、ふとん、浴衣
タオルと歯ブラシ。

旅館 やまいち 平塚市


旅館 やまいち 平塚市

旅館 やまいち 平塚市


なんとドアがなくて、襖が入り口。
これにちゃちい、ドラクエの鍵でロックするのだ!

たぶん足で、うりゃーっと蹴りを入れれば、襖のロックは簡単に
外れるに違いない。


旅館 やまいち 平塚市


旅館 やまいち 平塚市

トイレとお風呂、洗面所は、部屋の外にある。

なんか大きな1戸建ての1室みたいな感じで、トイレが家のトイレみたく狭い。


旅館 やまいち 平塚市


3階から玄関みたいに下駄箱があって、そこからは土足厳禁。
明日の湘南国際マラソンに参加する人も泊まっているらしく
ランニングシューズが何足かあった。


通常はどうなのか不明だけど、この日チェックインして宿の説明によると
朝は5時から、バイキングで食事出来ますからご自由にどうぞ。

とのことだった。

一応ネット予約の時に、湘南国際マラソン出場のため利用。

と報告はしていたが、ちゃんと考慮してくれていたのだね、うれしい。

食事は1階にある定食屋さんみたいな所で食べる。
夜もそこでビール呑みながら、食事をしている人達がいた。

ここは釣りを楽しむ人が利用している宿のようだ。

私は1泊朝食付きで利用したので、晩飯は駅ビルでちからうどんを食べた。


翌朝5:30起床。

バイキングで食事。

普段トースト1枚くらいしか朝食を摂らないので、ごはん1杯くらいしか
食べる事ができなかった。
おいしい、肉うどんやフルーツなどももっと食べたほうがいいと
わかっているのだけど、やはり入らない。

レースに合わせて、朝も早く起きるように調整してきたのに、なかなか
うまくはいかないものだ。

若い人達が、わしわしと大盛りの丼飯を食べている。
着ている赤いジャケットは、湘南国際マラソンのボランティアスタッフの
ものだ。

この宿には、国士舘大学のボランティアスタッフの方が宿泊していたのだ。


湘南国際マラソン ボランティアスタッフ


同じレースに参加する人達。
ボランティアスタッフでも、こんな朝はやくから起きて準備している。
宿の駐車場で、ミーティングしている彼らの横を、かるく会釈して通り
6時過ぎ平塚駅のバス停へ向かった。

出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人!


出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人
出張 ホテル予約 検索サイト


J-KINGの独り言

レビューポータル「MONO-PORTAL」


|

« 第6回 湘南国際マラソン 後半 | トップページ | トレッドミルが苦手 »

旅行・地域」カテゴリの記事

マラソン」カテゴリの記事

ホテル/旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅館 やまいち 平塚市:

« 第6回 湘南国際マラソン 後半 | トップページ | トレッドミルが苦手 »