« 永遠のゼロ | トップページ | スーパーママチャリGP 2012打合せ »

2011.12.12

皆既月食 20111210

月全体が地球の影に隠れる「皆既月食」。

日本全国で欠け始めから終わりまでの全過程を見ることが
できる絶好の機会。

こんな好条件の皆既月食はなかなかありません。


月食とは

太陽-地球-月の順に一列に並んだときにおきる天文現象。
満月のときにしか発生しない。

普段、月は太陽の光を反射して輝いるが、月食のときは
太陽光をさえぎった太陽と反対側に伸びる地球の影の中を
通るため月面は暗くなる。

月は地球の周りを公転しているので、時間経過とともに
欠けて行き皆既となり、そして、また満月へともどる。

太陽の光が完全にさえぎられる本影に月がすっぽり
入ると皆既月食となる。

本影の外側の半影部分(太陽光線の一部が当たっている部分)
での半影食はよほど注意して観察しないとわからない。


皆既月食が赤く見える理由

月が地球の影に入っても完全な黒にはならない。
その理由は、太陽光が地球の大気によって屈折や散乱され、
うっすらと月面を照らすため。
赤くなるのは、夕焼けの原理と同じように波長の長い
赤い光のほうが大気中を通過しやすいため。

トンネルの明かりが、赤いのも遠くまで光が通るため
ライトの設置数を少なくできるため。


んで、
赤い満月をデジカメで撮影してみた。
むむっ、このデジカメの解像度では、赤くなってない?


20111210_gesyoku_01

これが解像度とウェブ用に加工のみの画像。

20111210_gesyoku_02

これが自動補正をかけた画像。

明るくなり周りの星まで写っている。

近視、乱視、さらに老眼もきている私には
こんなに綺麗には見えない。


10倍デジタルズームってすごいですね。

使ったカメラは、ソニーのサイバーショットHX-5。

このデジカメ、小さいけど高性能であなどれません。
デジタルズームで皆既月食も撮れる。
ハイビジョンデジタルムービー対応。
GPS内蔵で、撮影場所のジオタグが記録されます。
iphotoに画像を入れると、マップに撮影地が表示されるので
登山やツーリング、旅行の記録を残すにはうってつけなのです。



|

« 永遠のゼロ | トップページ | スーパーママチャリGP 2012打合せ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆既月食 20111210:

« 永遠のゼロ | トップページ | スーパーママチャリGP 2012打合せ »