« スケジュール管理は、手帳、スマホ | トップページ | 治らない?足の豆 »

2012.01.01

2011年のジョギング、マラソンを振り返る

軽い気持ちから、週末ジョギングを始めたのは
2010年10月頃。

徐々に走行距離も延びてきて、調子に乗ってきたころ
走り始めて1年の総決算としての記念チャレンジ。

第6回湘南国際マラソン。
エントリーは6月。

サイトには、予想通り繋がらない。
こりゃダメだなー、とあきらめかけていたが、翌朝
私のエントリー順番がまわってきた!

あと5分で会社へ行く所だったので、ギリギリセーフで
フルマラソンエントリー完了。

初めてのマラソン大会にて、初のフルマラソン。

普通は、10kmとかハーフマラソンとかで、何度か経験を
積んでからフルマラソンへとステップアップするものらしい。

無謀なおじさん。


2011年、夏。

節電でクールビズが、世間一般にきちんと広まったと同時に
関東では、エアコンの設定温度が一気に2−3℃上がり
どこへ行っても暑い日々が続いた。
(6月に大阪へ出張に行ったとき、お店がとても涼しくてびっくりした
関東と関西ではえらい違いだなー、と思った。)

ジョギングもきつくて、せいぜい15kmくらいしか走れなかった。
暑さにまいって、クラクラする日々。
フルマラソンにエントリーしたことを、ちょっと後悔したかな。

先行で、東京マラソンに当選!
もう後には引けない。


9月からは、気温も下がってきたので、ようやくロング走が
できるようになった。
短パンではなくて、CWXエボリューションを履いて
走るようになった。

シューズは、アディダスのmana6に決めた。
軽くて、足がグングン前に出てくれる!
さすが世界記録のアディゼロだ。
(アディゼロ・ジャパンじゃないけど)

ガーミン405での計測を始める。
正確な距離とペースが走行中に確認できる。
初心者こそ必要な装備と思う。

9月走行距離 145km。


10月、いよいよ湘南国際マラソンまで1ヶ月となった。
もっともっと走らないと、とても42.195kmなんて走れっこない。

週末は、20km、30kmとロング走を行い。
フルマラソンの距離感と疲労感を体験してみる。
30kmでフラフラになってしまい、あと10km以上もこれから
走れるのだろうか?
と不安が追いかぶさって来る。

10月走行距離 217km。


11月3日、ついに湘南国際マラソン本番レースの日がやってきた。
前日に平塚入りして、朝5時半に起きて、無理矢理御飯を食べて
バスに乗って会場入りした。

数万人の参加ランナーがいるビッグイベント。
マンモス大会にひとり殴り込み!

早く着いたけど、着替えた後、意味も無く会場をうろついて
あっという間にスタート位置への移動となった。
無駄な時間と体力を使ったと後悔するが、レースは始まってしまう。

過去に経験がない超長距離走。

5時間以内完走を目標に走り、結果、4時間34分56秒。
もう少し速く走れたかな?
スタミナはまだ残っていたので、あと10km!
と言われれば、行けたかもしれない。

11月26日 東京トライアル&ハーフ
初のハーフマラソンに参加。
荒川の河原コースを往復する。
東京マラソン出場権のかかった抽選会もあるということで
地方からの参加者もいる大会。

ハーフはフルマラソンと違って、皆とてもストイックだというのが
第一印象に残った。
仲間としゃべりながら走っている人など、ほとんどいなくて
スタート時のとんでもない渋滞(湘南国際マラソンしか知らないけど)も
なくって、けっこう速いペースでグングン走っていけた。

目標2時間以内に走り、結果

記録 1時間53分9秒。

11月走行距離 220km。

12月、いくら地球温暖化と言っても、やっぱり冬は冬。
ここ東京でもコートを着ていくくらい寒くなってきた。

朝の多摩川、タマリバーも吐く息が白く、ウィンドブレーカーと
手袋無しでは、ジョギングも厳しくなってきた。

すっかりホームコースは、タマリバーになっていた。
いつかは、このタマリバー50kmを一気に走破してみたい。
けど、今の自分にはその走力は無いな。

12月17日SPORTSONE クリスマス チャリティマラソンin 多摩川

前日が我が営業部の忘年会になってしまい、
レース前なのにビールを少し飲んでしまった。
ビール以外はさすがに飲まなかったけど、やはりレースには
影響するよな。

ハーフマラソン参加者は300人くらいだったので、スタート時の
位置指定もなく、なんとなくスタート位置に集ったところから
スタートしていく。

けっこう前の方の集団にいたけど、ここは皆速過ぎた。
まだ自分はそんな位置じゃないな。

それでも忘年会の翌日だったから、、、なんて言い訳したくないので
しっかりと速い人達にくらいついていく。

折り返してから、ペースをあげたけど、やっぱり最後には
失速してしまう。

まだまだスタミナが足りない。

結果、1時間47分23秒。
見事記録更新だ!

地元、多摩川での大会で意地をみせたかな?

12月走行距離 240km

来年の出場予定は、
1月15日 フロストバイト 東京横田基地でのハーフマラソン。
2月26日 東京マラソン
4月15日 第16回東日本国際親善マラソン 相模原市

私の年齢から、記録更新できるのは向こう3年くらいでは
ないかと思う。
その後は、もう進歩は臨めないので、まったりと走り続けよう。

いつかは、トレイルランやウルトラマラソン系にもチャレンジしたいね。
あと海外のマラソン大会とか、ってパスポート切れてたわ。

確かに高い、この時計は高価だ。
しかし、正確な距離と1km単位でのペースがリアルタイムで
表示されるすぐれものだ。
心拍数や高度まで計れる。
PCへデータを移行して、地図で走行コースの確認までできる。
初心者こそ装備したい逸品ではないかな。


ちなみに、2011年最後のジョギングデータは、下にある通りとなる。
これってすごい情報量だよね。

どうせ飲むなら最高品質の水【クリティア】


クリティア新規ユーザー獲得プロモーション

ciste Japan シスト日本

フランス発祥といわれるシスト。
宝探しゲームです。


OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア


タミヤ CR-01 情報


|

« スケジュール管理は、手帳、スマホ | トップページ | 治らない?足の豆 »

スポーツ」カテゴリの記事

ジョギング」カテゴリの記事

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年のジョギング、マラソンを振り返る:

« スケジュール管理は、手帳、スマホ | トップページ | 治らない?足の豆 »