« 東海道五十三次を走る 神奈川〜保土ヶ谷 | トップページ | 東海道五十三次を走る 準備 web 本 »

2012.07.01

東海道五十三次を走る 保土ヶ谷〜戸塚 1日目完走

権太坂を上り切り、次に現れたのは、
境木立場跡。


境木立場 東海道五十三次

境木立場 東海道五十三次

境木の立場は、権太坂からの難所が続く中、見晴らしの良い
高台で西に富士山、東に江戸湾を臨む景観は素晴らしく、
旅人が必ず足を止めたといわれる名所だった。

また茶屋で出された牡丹餅は境木立場の名物として
広く知られており、たいへん賑わったということだ。

まあ、いまはそんなに良い景観ではないけどね。
牡丹餅も売ってないな。

境木の由来

武蔵国と相模国の国境で、江戸時代にはその印として
傍示杭(ぼうじくい)あるいは境杭と呼ばれる木柱が
建てられ、「境木」の名の由来になったと伝えられている。
また欅の大木があったという説もある。

焼餅坂 東海道五十三次

さてようやく下り坂になった。
しかも、舗装路の激下り坂で、足にも、膝にも
ダメージが出るくらいだ。

境木立場で焼いた餅や、牡丹餅が売られていたので
焼餅坂と呼ばれている。

品濃一里塚 東海道五十三次


品濃一里塚(しなのいちりづか)

この一里塚は、日本橋から9番目、保土ヶ谷宿と戸塚宿の
間に位置し、旧東海道を挟んで西側は品濃村、東側は平戸村に
位置している。

このように、道の両側に塚が残っているところは
神奈川県内でもここだけだ。


品濃坂の階段を下り、歩道橋で国道1号線を渡り、
また坂を下っていく。


益田家のモチノキ 東海道五十三次

益田家のモチノキ
神奈川県指定天然記念物に指定されている
大きなモチノキがあった。

樹高18mと19mの2本からなる。
通常モチノキは、3〜7mの高さだというから、
この2本がいかに大きいかがわかる。


吉田一里塚跡 東海道五十三次

吉田一里塚跡

ここは案内板のみ。
慶長9年に設置された一里塚。
明治の早い時期に壊されてしまったらしい。

日本橋から10番目の一里塚だ。 
ということは約40km走ってきたことになる。

ゴールは近いぞ!


最後は国道1号線をゆっくりと下っていき
戸塚駅に到着。

いやー、疲れた。

走ったり、止まったり、歩いたり、
LSDといえば格好良いけど、早歩きの東海道五十三次
といった感じかな?

戸塚駅にくるのは、ここにラジコン天国があった頃以来だから
何年ぶりだろうか?
駅周辺はすっかり様変わりしており、まったく初めて来たのと
変わらない。

トレイルランニングの格好で駅をうろつくが、行く当てもない。
トイレで着替えて、ドトールへ行く。

なんか、疲れてしまって、コーラか珈琲をがぶ飲み
したかったんだよな。

まずは、東海道五十三次の1日目の完走に乾杯!



走行距離: 44.55 km
タイム: 6:39:46
平均ペース: 8:58 min/km
高度上昇値: 266 m
カロリー: 3,137 C

費用
ドリンク3本:340円
冷やしきつねうどん:650円
電車:600円
今回は、通勤パスモが使える区間が長かったため
電車代は少なかったです。


今回の装備

サンバイザー:アディダス
ザック:ノースフェイス マーチンウィング10
今回は市街地が多いので、ハイドレーションは無し。

シューズ:アディダス アディゼロ mana6
ソックス:アディダス5本指、滑り止め付き

デジカメ:ソニー Cyber-shot DSC-HX5
GPS:ガーミン フォアアスリート405

携帯端末:
ウィルコムWX330K(プライベート)
ドコモ(仕事用)
イーモバイルGP02
iPot touch
リチウムイオンチャージャー for iPhone4 1950mAh
サンヨー USB出力リチウムイオンバッテリー KBC-L54D 5400mAh

使わなかったけど、念のためのゴアテックスレインウェア上着のみ。
着替えとタオル。
電車内のパンツは、モンベルの夏用山パンツ。
ファスナーで下部が外れて、7分丈パンツになる、軽くて便利パンツ。

エナジージェル1個。アミノバイタル1本。




OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア


|

« 東海道五十三次を走る 神奈川〜保土ヶ谷 | トップページ | 東海道五十三次を走る 準備 web 本 »

530:東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
結構いろいろ見て回ってますね!^^

私の初日は、雨だった事もありますが、下調べ不足で物足りないものでした。

今後も頑張って下さい

投稿: くぼっち | 2012.07.01 17:54

くぼっちさん

こんばんは、J-KINGです。
くぼっちさんから、コメント頂けるなんて光栄です。
私が東海道五十三次を走っているのは、くぼっちさんのブログのおかげです。
ありがとうございます。

あまり歴史には詳しくないんですが、写真を撮って帰ってくると調べることが多くてたいへんでした。

今後もマイペースでゆっくり続けていきます。

投稿: J-KING | 2012.07.01 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15976/55075736

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次を走る 保土ヶ谷〜戸塚 1日目完走 :

« 東海道五十三次を走る 神奈川〜保土ヶ谷 | トップページ | 東海道五十三次を走る 準備 web 本 »