« 2015年3月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年9月

2015.09.28

2015 STY サポーター参加 こどもの国スタート

富士山をぐるりと100マイルで1周するトレイルランニング
UTMF ウルトラトレイル・マウントフジ

その半分を走る
STY 静岡から山梨

今年、UTMF抽選に外れたので応援に行くことにした。
今年から私的サポート制度?が採用され

ランナーひとりに1枚のサポーター用ナンバーカードが配布される。
サポーターはそのナンバーカードを身につけて
エイド内での特別な区域で私的サポートを行う事ができる。

御殿場駅で集合、レンタカーでこどもの国へ行く。
同乗するK谷さんは、STY参戦ランナー。
私は熊谷さんのサポートを行うことにした。

といっても何も準備してないけどね、、。

御殿場で集合するはずの応援Sさんは電車に乗り遅れたということで
間に合わず、一緒には行けなくなり駅で待ってもらう。

9時集合だったので、そこで30分近く待っていると
選手受付に間に合わなくなってしまうからだ。

御殿場駅まで来たはいいけど、そこからこどもの国へ
行く交通手段がないことに当日気づいて
路頭に迷う子羊、、K木さんをK谷さんが捕獲。

運転手J-KING、選手2名でレンタカーに乗り込み
こどもの国へ出発。

駅前は曇だったけど、標高が上がるにつれそれは雨になり
山は真っ白で何も見えない状況。

すでに会場には、ランナーいっぱい、車もいっぱい。
二人をおろして私は御殿場駅へ戻り、応援Sさんを迎えに行く。

御殿場駅からこどもの国へのルートは、2回続けて行ったので
何となく覚えてしまった。

去年は駐車場から、延々と重い荷物を担いで
スタート地点まで歩かされたけど
今年は駐車場近くからのスタートだから、移動は楽になった。
ただ遅くに駐車場に入ったからスタート地点から車までが
遠くなってしまった。

全国いろんな地域の車のナンバー。
一番遠くはなんと広島ナンバーだった。

スタートまでの、ゆる〜い時間。
今年は観望者だから、本当に気楽。
仲間と写真と撮ったり、海外からの参加ランナーから
写真撮られたりと、、

おっ、マスクマン 何故か人気かい?
まさか。

雨が降ったり止んだり、一時はちょっとだけ青空が見えたりして
なんか嫌な天気。
御殿場駅くらいまで降りると曇で雨の気配はないんだけど、
やはり山の天候はすぐには回復しない。

この時すでにUTMFランナーは、700名がタイムアウトに
なっているという情報は届いていた。


2015 STY サポーター参加 こどもの国スタート


STYランナーにも厳しいトレイルが待ち構えているだろう。

9月26日 12時 STYランナーが元気にスタートしていった。

続く





トレイルランニング ブログランキングへ


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トレイルランニング


にほんブログ村 アウトドアブログ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.09

なぜ長距離を走ると食べ物を受け付けなくなるのか?

食べ物も飲み物も、受け付けなくなってしまう
こんな状態からはリタイヤするしかありませんね。


胃腸が止まってしまうのは、簡単に言うと走りすぎだからです。
通常の生活であれば、激しい運動が終わって給水、補給があって
胃腸が動き出す時間に入る。
ところがウルトラやロングトレイルで走り続けていると、

体は、これは胃腸タイムどころではない、とにかく脚への
血液、リンパの循環、壊れた細胞の再生を続けなきゃいかん
と判断し、胃腸の動きを止めてしまいます。

これは、プロのトップランナーでも私のようなギリギリランナー
でも同じことが起こりえます。
体の症状なので、レース中にこうなる可能性もあります。

ではその対策はどうしたらよいでしょうか。

食欲がなくなるまで、走り過ぎないこと。
速い人やタイムを狙っている人ほど、前半オーバーペースで
全ての機能を脚に集中させてしまいます。
そのまま続けていると胃腸がストップしてしまいます。

食欲がなくなるまで、追い込まないこと、
下りで全力脚力ダッシュをしないこと。
常に余力を残して脚を温存してペースを作ること。
(私の場合は、登りは全て歩きとなります)

エイドで食欲がないようだったら、そのあとは脚を休める走りで
胃腸が動き出すように体を普通の状態に戻しましょう。
もちろんこれでタイムは伸びてしまいますが、何も補給できずに
リタイヤするよりはマシでしょうか。

初めての100kmマラソンでは、フィニッシュ後には全く食欲がなく
数時間経ってようやく元気になったので、家族と寿司屋へ行き
ルービーで乾杯!
しかし、これがよくなかった。
まだ胃腸は止まったままだったので、帰宅後から下痢が続いて
3日間くらいまともな食事ができなかった。

今では、上記のような体が変化する仕組みがわかった(個人的な見解です)
ので、STYでもエイドでモリモリ食べて、胃腸が止まることは
ありませんでした。





トレイルランニング ブログランキングへ


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トレイルランニング


にほんブログ村 アウトドアブログ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.06

ウルトラマラソンやロングトレイルでの距離感の考え方

制限時間5分前に完走(完歩?)できた2014STYは、
距離91km 制限時間24時間。

これまでに経験のない距離と時間、そして夜間走行。
ペース配分なんか全くできないので、こういう考えで臨みました。

☆20kmのトレイルランを5本走る。

20~30kmなら鎌倉でもよく走る距離なのでペースや体の状態は把握できますね。
これを続けて5本やるということにします。
エイドも20〜30kmで1つあるので、ここで
「よし、1本終わった。水、食料補給して、2本目行こうか!」

って感じで、24時間走り、いや動き続けました。

エイドと渋滞以外では、止まらない。
エイド休憩は10分以内。最後のエイドで初めて座り込んでストレッチ
30分くらい休憩して
予定(?計画)通りにギリギリでフィニッシュ!

ちなみに、このSTYの前月走行距離は72km、全前月が86km。
練習嫌いの私らしいデータ。

走った距離は裏切らないというけれど、
走らなくても完走しちゃうおじさんもいる。
たった1日で1ヶ月分走ってしまうとか、、

速い人には参考になりませんね。ではでは、、






トレイルランニング ブログランキングへ


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トレイルランニング


にほんブログ村 アウトドアブログ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2016年2月 »