« 馬車道フリーマーケットに出店してきました。 | トップページ | ついに中止になった STY 、UTMFは短縮 »

2016.09.19

GARMIN ForeAthelte910 ベルト交換

長年使っている GARMIN ForeAthelte910 のベルトがついに千切れてしまった。

もう4年近く使っていsるかな。
バッテリーは今でも充分持つのでまだまだ使うつもり。

ということで、ベルト交換のためパーツを検索。
ベルトだけでも結構高価なのね> GARMIN ForeAthelte


ベルトだけではなくて、自転車のハンドルバーにもすぐに取り付けできるという
クイックリリースキットを購入。

20160917_213523

20160917_213640

20160917_214739

切れてしまったベルトを取り外す。
キット付属の小さなプラスドライバー2本を使う。
錆びていて固着しているため、外すのには苦労した。

20160917_222407


反対側のベルトを外すために2本のドライバーでグリグリやったが、
まったく動かず。
ベルトを切って、ペンチで直接細長い接続ボルトを回してなんとか外した。


20160917_223011


ベルトを外した本体に、写真左にあるパーツを取り付ける。
これがベルト部分にクイックリリースできるようになっている。
ベルトを締めていた穴にこのパーツをボルト・ナットで装着。
外したものはもう使えないので、パーツにある新品ボルト・ナットを使う。


20160917_223739

20160917_223658

クイックリリースにしたGARMIN ForeAthelte910。
ベルトのみの交換ではなく、パーツが間に入るため大きな
GARMIN ForeAthelte910 が更に分厚くなってしまう。
ランニングのみでの使用では、無駄なことだったかもしれないが
私は本体のみくるっと回して外せる、というのが気に入った。


20160917_223946


欠点はさらに大きくゴツくなったこと。
充電時にも、ベルトから外さねければいけないこと。

トライアスロン用に開発されたキットのようで、腕時計ベルトから
時計本体部分のみを、くるっと回して外し、自転車のハンドルバーの
アタッチメントにクイック装着。

自転車からランニングへの移行時に、本体をハンドルバーからはずして
手首のベルトに装着という便利グッズなのだ。

私はトライアスロンはやっていないので、自転車につけることは
特に必要ないけど、今乗っているマウンテンバイクには
スピードメーターがないので、たまにはGARMINで計測してみたいと
思っている。

ちなみにこの自転車は、ニュージーランド、オーストラリアを含め
通勤に使っていたこともあり、走行距離は2万kmを軽く超えている。



|

« 馬車道フリーマーケットに出店してきました。 | トップページ | ついに中止になった STY 、UTMFは短縮 »

506:ウルトラマラソン」カテゴリの記事

510:トレイルランニング」カテゴリの記事

ジョギング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15976/64226000

この記事へのトラックバック一覧です: GARMIN ForeAthelte910 ベルト交換:

« 馬車道フリーマーケットに出店してきました。 | トップページ | ついに中止になった STY 、UTMFは短縮 »