カテゴリー「502:東京マラソン」の記事

2014.04.06

東京マラソン 2014 Tokyo marathon シューズは?

仕事が忙しくて練習もほとんどできずに参戦した
2014年 東京マラソン。

結果は、3時間43分08秒と自己ベスト2分遅れという
良いタイムだった。

んで、直前まで迷っていた、いや決まっていなかった
肝心金目のランニングシューズについて
だ。


201402_tokyo_marathon


写真で見ての通り、今まで履いた事が無い
赤いシューズ。

そう、直前に新規購入したのであ〜る。

使い古したアディゼロmana6、
使いこなせてないアディゼロ TAKUMI REN

そこで、もう店頭にはほとんどなくて、ネットで探すと
在庫限りとなっているmana7を楽天で購入した。

手元に届いたのは、東京マラソンレースの数日前だから
仕事で帰宅が0時過ぎの私の場合、そのシューズでの
試走は不可能。

つまり、ぶっつけ本番で、まったく走っていない
mana7を履いて電車に乗って、新宿へ行き
そのままフルマラソンを完走してきたのだ。

いきなり慣らしの無しで、フルマラソンかよ!

って、突っ込みがきそうですが、mana6とmana7
さほど違いはありません。

いや、本当はけっこうあるんだけど、
(mana7はアディゼロジャパンにそっくりになった感じ、
ジャパンの生き残り的な位置付けのアディゼロだと思う。)
そんな細かい違いは、私にはわからん。

mana6と同じメーカーで同じサイズなので、フィット感はほとんど同じ。
mana7が新しいぶん、ピタッと包み込む感じで足が安定して良い感触。

これで、うまく走れない訳が無い。

なので、慣らし走行はなくても全然OKなわけだ。

ちなみにその後の練習では、相変わらずすり減ったmana6や
トレランシューズ、TAKUMI RENを履いているので、
フルマラソン以上の距離は走っていない。

まあこれで慣らしが終わったってとこかな。



マラソン・ジョギング ブログランキングへ






HOME:OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア




オーストラリア旅行 ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.08

東京マラソン 2014 Tokyo marathon Finish!

ま、まさか、雪。
小雪ちらつく東京マラソン。

まぢ、もう雪は勘弁してくれよ〜。

寒くて、温まった体がまた固くなっちまう。


寒いと筋肉が収縮して、ただでさえ体が固い私の場合
動きの悪い関節がさらに可動域を狭くしてしまう。

血行も悪くなって、足がつりやすくなってしまうのだ。

雪はすぐに止んだけど、気分はややダウン。
足も動きが悪くなってきた30km。

まあ予定通りというか、順調に疲れが貯まっている。

フルマラソンも何度か経験すると、序盤から中盤
そして後半の脚の動きの悪さ、重さ、スタミナ切れなど
自分の体の変化がちゃんと予定通りに現れてくるのが
わかってくる。

東京マラソン最大の難関は、38km以降に通過する
上り坂3連発!

坂道ではなくて橋を渡るので、実質での標高差は
10mくらいしかないのだが、すでにスタミナが枯渇状態の
ランナーには、かなり急な上り坂に感じられる。

賑やかな応援が多い、序盤と違い35km以降はほとんど
応援もないため、ここでの踏ん張りが東京マラソンの
攻略ポイントと言えるだろう。

重い脚をひきづるように、坂道を登る。

最後の上り坂は、まだか。

一度走っているコースだけど、最後の上りは記憶に
残っていない。

もうなかったか、上り?

41km過ぎに最後の上り坂。

これは本当に苦しかった。
もう駆け上がるというか走る元気もなく。
歩く寸前までスピードが落ちてしまう。

42km。
もう一息。

東京マラソンは、ガーミン計測で42.8kmある。
なので、まだまだ終わらない。

2回目だから、ガーミン905XTの距離で43kmを
目標に走り続ける。

ラストスパートを掛ける残りのパワーもほとんどなく
現状維持が精一杯で、フィニッシュ!

3時間43分8秒。

記録更新こそならなかったが、自己ベストから2分遅れ
という良いタイムだった。

何しろ、2月の走行距離はこの東京マラソンを含めて
たったの 86.35km

練習が出来ていれば、3時間40分は、余裕で切れたかな。


待ち合わせ場所で、妻と合流。
初めて応援に来てくれた妻は、ゴール前での走行を
デジタル一眼レフで、綺麗に撮影してくれた。

20140223_tokyomarathon 東京マラソン 2014 Tokyo marathon

横からのアングルは、オールスポーツでは撮れない。
胸のナンバーで個人を特定する方法なので、
正面からの写真しかない。

記録更新は出来なかったが、良い記録が出た。
練習不足での失速は残念だが、存分に東京都内の
フルマラソンを楽しめた。

また来年も当選しないかな。


にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
にほんブログ村



マラソン・ジョギング ブログランキングへ



iphone1art

世界に一つだけ!オリジナルのiphoneカバーを注文できます。



Mask shop JKING

オリジナル覆面、マスク、Tシャツ、マラソン専用マスクは世界でここだけ!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.07

東京マラソン 2014 Tokyo marathon

自宅からもっとも近い場所で開催され、
移動時間も短く、交通費も安い。

それが東京マラソンだ。

朝、5:10頃起床。
これでも平日仕事の朝よりも遅い起床なので
まったく気にならないレベルの早起き、いや遅起き。

いつも通勤で使う駅からは、今年も数名のランナーが乗り込む。
こんな小さな街からも毎年参加ランナーがいるんだなー。

山手線に乗り換えると、もうそこはランナー電車と
思えるくらい、ランナーいっぱいなのだ。

新宿駅西口からは、スタート地点へは直行せず
工学院大学キャンパスへ行く。

ここは、着替えスペースとして解放されているのだ。
人も少なくてゆっくりできて良い場所。

今年の東京マラソンでは対テロ対策ということで、
なんとランナー一人一人の
荷物チェックが行われているのだ。

それで人の流れが悪いんだ。
2012年に参戦したときより、明らかにスタート地点へ
行くまでの時間がかかっている。
早めに自宅を出てきて良かったわ。

荷物をトラックに預け、トイレも済ませ、軽くダッシュで
スタート地点には30分前には着いたかな。

近くには海外からの参加ランナーも多いが、
今年は韓国人が、非常に少ない。
一番近くて安く参加できるのに、台湾や中国よりも
少ないのは最近の日韓関係の影響だろうか。


曇り空でやや肌寒いが、マラソンには丁度良い天候。
待っている時間も我慢できないほどの寒さではなかった。


20140223_tokyo_marathon_start


いよいよスタート!

仕事疲れで背中がはっていて、腰も少し痛い。
昨日1日ゆっくりしていたけど、体はだるくて
ほとんど練習もできていない。

まあでも、東京マラソンは別格に楽しい。
体の調子は悪くてもテンションは上がるわ。


日比谷までの約10kmは、ほぼ下りで沿道の応援も
まったく途切れない。

否が応でも、ペースは上がる。

ここは抑えなくてはいけないポイント。
調子に乗っていると30km過ぎで、スタミナ切れになってしまう。

やや抑えつつ走るが、ついつい速いペースになってしまう。
ガーミンを見ながら慎重に、ペースを維持していく。

東京は綺麗になっているのか?

今年、東京の街を走っていて感じたことは、

匂い

だ。


なんとも嫌な感じの匂いが時に強く感じた。
飲食店からのゴミのような匂いだ。
それとも下水からの匂いだろうか。

綺麗な空気で生活している地方からの参加者や
外国人ランナーたちには、どう感じた、いや臭っただろうか。


20km。
仲間が給水所でボランティアをやっている。
ここで頼んでおいた***ドリンクを宮Gにパスしてもらう。
ありがとう!


中盤、相変わらずの寒い冬の曇り空。
ま、まさか、雪。
小雪ちらつく東京マラソン。

まぢ、もう雪は勘弁してくれよ〜。

寒くて、温まった体がまた固くなっちまう。


後編に続く。


にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
にほんブログ村



マラソン・ジョギング ブログランキングへ


iphone1art

世界に一つだけ!オリジナルのiphoneカバーを注文できます。



Mask shop JKING

オリジナル覆面、マスク、Tシャツ、マラソン専用マスクは世界でここだけ!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.01

東京マラソンEXPO 2014

東京マラソンも無事終わり、忙しくてブログ記事も書けずに
3月になってしまいました。

忘れないうちに記録しておきましょう。

2014年2月21日金曜日、仕事帰りに東京ビッグサイトに行ってみます。

初めて車で行きました。

渋谷から新木場へ戻る途中だから、無駄な距離をあまり
走らずに済みます。
カーナビでは、ビッグサイト地下駐車場を目指しました。
駐車料金は250円でした。
時間で変わるかもしれません。

会社に戻ってからまだ仕事が残っているので、
ゆっくりと展示を観ている暇がなく残念。

見ていると色々買いたくなってしまうので、
それも、いかんな〜。

とっとと受付を済ませて、ナンバーカード受領。
私の近くはアジアから参加するランナーたちが
たくさんいました。

去年は、ここで受付のボランティアやってたんだなー。
今年は逆から、ボランティアさんを見ている。
来年はどちらにいるかな。

展示ブースをさっと見て回る。
浅利そのみさんも走るんだよね>今年の東京マラソン。
すんごく近くで少しだけトークショーをみる。
仕事中なので、今日はスッピン(マスク無し)だったので
気づかれなかったね。当然か。

買い物は決めていたモノだけを求めて、なるべく他のグッズは
見ないようにして、出口方面へ直行!

ウルトラランナーの岩本さんは、美女とご歓談中。

ここで買ったのは、MEDALISTのジェル2種類を各2本、合計4本で
1,000円。


20140222_東京マラソン_medalist

他のジェルより飲みやすくて、まずくないのだけど
その中途半端な固形物が、フラスクへの入れ替えを困難にしている。

これは、長所と短所が顕著に現れた結果ですな。


なんか、テンションあがってきたぞ!
やっぱ東京マラソンは盛り上がりますね。



マラソン・ジョギング ブログランキングへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.17

東京マラソン 直前 ラストラン

本番シューズも未だ決まらないのに、1週間後には
本番レースとなってしまう

東京マラソン、最後にあがいてもしょうがないけど
走れれば走ろう。

45年ぶりの大雪となった東京。
この土日が晴れて、ようやく道路も乾いてきて
ノーマルタイヤの車も普通に走れるようになった。

多摩川は、雪もほとんどなくなり、ランニングは問題無しだ。

所々、道が水浸しになっているが、脇へまわれば良い。

冷たい風は海側から強く吹いていた。
行きは追い風、帰りは向かい風といつもの冬の多摩川。
風の抵抗は、良いトレーニングになるかも。


20140216_tamagawa


シューズは、もう踵のソールがすり減っていてレースには
無理なmana6とカスタムインソール。

これが一番信頼できるシューズ。
自分にはこれが一番あっている。
フルマラソン自己記録、えちごくびきの100km完走と
実績も充分。

ペースはフルマラソンレースペースを意識して
5:00から5:20で、頑張ってみる。

最近、背中が固く少々痛い、腰もやや痛い。
昨日は温泉につかり、ジェット風呂で腰から背中を
後ろからググっと押してみた。

でもまだ体はカチカチに固いままだ。
走る事で、体はほぐれてくる。
じっと何もしないより、軽くジョギングするくらいの
運動は、腰や背中には良い治療といえる。


ペースは、ほぼ予定通りで15km走り切れた。
42kmには程遠い距離だが、この数ヶ月ほとんど走れていない
わりには、良い結果だと思う。

大雪で先週の仕事がまだ残っていて、今週は忙しくなってしまった。
エキスポにも行けなければならないのに、時間がなかなか作れそうにない。

もうジタバタしてもしょうがない。
この体の状態を維持して、土曜日は動かず休養にあて
本番の日曜日に一気にパワーを使い果たそう。
そうこれで42.195km走り切るぞ!

20140216_garmin

距離: 15.19 km
タイム: 1:20:16
平均ペース: 5:17 min/km
高度上昇値: 140 m
カロリー: 854 C


タイム: 1:20:16
移動時間: 1:20:05
経過時間: 1:21:41
平均ペース: 5:17 min/km
平均移動ペース: 5:16 min/km
ベストペース: 3:44 min/km



マラソン・ジョギング ブログランキングへ


iphone1art

世界に一つだけ!オリジナルのiphoneカバーを注文できます。



Mask shop JKING

オリジナル覆面、マスク、Tシャツ、マラソン専用マスクは世界でここだけ!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.16

東京マラソン1週間前 シューズはどうする?

2年ぶり2回目の参戦となる東京マラソン。

昨年は、落選してボランティアで給水所で応援?

今年は運良く当選。
すごく楽しみにしているレースなのだけれど、
転職してから激務で、ほぼ毎日終電に近く睡眠時間は3〜4時間。

これだと週末はぐったりで、走れても10kmくらいがいいとこ。
長距離やると翌週の仕事に影響してしまうのだ。

忙しいと時間ばかりが、光陰矢の如し と過ぎていき
レースまであっという間の残り1週間。

一番重要なシューズが、決まっていない。


adizero TAKUMI adizero mana6

フルマラソンベストを出しているadizero mana6
100kmウルトラマラソンも完走しているadizero mana6
ハーフマラソンベストを出しているadizero TAKUMI REN

自分の実力では、まだまだadizero TAKUMI RENは
オーバースペックのような気がする。
安心感があるのは、たくさんのレースで実績を積んでいる
adizero mana6

これしかない!

ただ、もう何足も履き潰していて、今あるのも
ソールが減っていて、フルマラソンを走れる状態とは
言いがたい。


adizero mana6 亡き後、次の本番レース用シューズは
adizero mana7 か adizero japan か

ショップで履いた感触では、どちらも違和感無し。
走ってみないと本当の状態はわからないけど、それはできない。

adizero mana7のサイズがなく、在庫一掃セールな感じがする。
もうすぐこれも買えなくなってしまうのか、
と考えると今しかない!

というわけで、今更ながら新シューズを購入しました。

↓↓↓



東京マラソン本番までには、新シューズ adizero mana7が届くわけだが、
当然慣らし含め、実装しての走行はほぼ無理。

これをレースに使うか、履き古しのmana6か、
オーバースペックのTAKUMI でいくか?

まあ、でも、新品のmana7を手に取ると、すかさず
カスタムインソールをセットして、ソックス履いて、、、

さあ、東京マラソンまで、あと1週間。
ジタバタしても、何も変わりません。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.02

東京マラソン2013 ボランティア活動

2013年2月24日 日本最大の市民マラソン
東京マラソン2013が開催。

昨年は、見事サブ4達成できた。
今年は抽選で外れたので、ボランティアでランナーを
サポートする側にたった。

ランナーが3万人以上、ボランティアも1万人以上だから驚き。
しかもボランティアも結構人気があって、年明けで応募しても
もう既に定員オーバーで締め切られてる。

応募時点で、希望ブロックを3つまで選定できる。

どこになるかは、大会の1ヶ月くらいまでわからなかったかな?

で、私は希望が叶って品川ブロック17km地点の給水所5班。
場所は、JR田町駅のすぐそばで、道路沿いにコンビニがあるという
絶好のロケーション。

コンビニで食料も買えるし、綺麗なトイレも使わせてもらいました。

8時に集合。
ボランティアリーダーの説明を受けて、まずは全員で簡単に
自己紹介。
グループできている人や、夫婦参加の人など
年齢や性別はバラバラだけど、皆、東京マラソンに
ボランティアとして参加することに期待ワクワクなのだ。

8時30分くらいから交通規制が始まり、車が少なくなってくる。
トラックが到着して、そこから荷物を下ろす。

テーブルを組み立てて、その上に紙コップを並べていき
そこへクリスタルカイザーを注いでいく。
水はコップの1/3くらいでOK。
私はマラソン経験者だけど、ボランティアメンバーは、ランニングの
経験がまったく無い人も多い。

気持ちはわかるけど、水はほんのちょっとでOKですよ。

紙コップに水をいれたら、ボール紙を置いて、2段目を同じように
紙コップを並べて作っていく。
3段目は、紙コップの数を5個くらいと少しだけで下が潰れないようにする。

後はランナーを待つだけだけど、この日は、風が強かった。

紙コップや、ゴミ箱用のでっかい段ボールがコロコロと道路上に
転がっていき、慌てて拾い集めた。


9時に車椅子ランナースタート。
9時10分フルマラソンのランナーがスタート。

待機している田町駅前は、車も人も無く、ひっそりとしていて
ここが東京のど真ん中なのか?というほど不思議な空間と空白だった。

やがて車椅子のトップ集団が走ってきた。
間近で観るとそのスピードに圧倒される。
しかもスリップストリームを使った追走は、前者からわずか30cmほどしか
距離が空いておらず、ギリギリ限界の素晴らしいバトルだった。

車椅子ランナーは、ペットボトルをマシンのフレームに固定して
走っているので、給水所の仕事はない。


ピンク色の派手なトラック中継車。
フルマラソンのトップランナーがやってきた。

1km3分という超人的なスピードで駆け抜けていくランナー。
足の長いアフリカのランナーが多いようだ。
日本人も食らいついている。

サブ3ランナーがくるころには、集団となってきて、給水所の
水をとっていくランナーが増えてきた。

しかし、給水所で追加で準備を急ぐ事はなく、あまり水をとっていく
ランナーはいなかった。
とても風が強く、寒かったからだろう。

ゴミ箱に入らずに道路に捨てられた紙コップを、時々拾い集める
くらいしか仕事はなく。

レース中はほとんどランナーの応援に終始した。

20人くらいは知っている人が走っているのだけど、誰も探し出せない。
そんな中、私に声をかけてくれたランナーがいた!

A達さんではないか!

脚のコンディションが悪く、直前までテーピングでぐるぐる巻き
状態だったので、走れても完走がやっとだろう、なんて言っていたけど
4時間半くらいの集団の中で元気良く走っていった。

皆、頑張れ!
ここはまだ17km。スピードは抑えて、マイペースでそのまま
まだまだ序盤、こんなところで負けてはダメだ!


サブ4、サブ5のランナーが通り過ぎていくと、徐々に道路は閑散としてくる。

トップランナーたちの走りからずっと見ているので、なんだか急に
スローモーションのように見えてくる。

走るというより、歩いている感じのランナーが多くなった。
もうトボトボもいいところだ。
向こう側の道路(12km地点)をついに最終チェックの車と
関門アウトランナーの回収バスが走ってきた。

完全に歩いてランナーもいる。
もう道路へ出ても危なくないので、紙コップをもっていき

「お水いかがですか? 大丈夫ですか?」

と声をかけて紙コップを渡したりしているボランティアの人もいる。

重い足を引きずるように走りながらも、ありがとうと
手を振っていくランナー。

こちらこそ、ありがとう。

その日、給水所の水は半分以上残った。
片付けはあっという間に終わった。
すぐにゴミの回収トラックがきて、ゴミを積み込んでいく。
テーブルや残った水、箒やその他の備品も運ばれていき。
すぐに交通規制は解除され、また元の休日の東京に戻った。

つい30分前までのあの興奮と喧噪は、夢か幻か。
東京マラソンという、不思議な空間に包まれたわずか5時間。

何か本当に幻を見ていたのか、夢の世界に迷いこんでいたのか。
そんな不思議感覚を体に染み込ませて、駅の改札を抜け帰宅した。


東京マラソン ボランティアメモ

ボランティア参加希望の場合は、東京マラソン公式サイトで
その募集情報をチェックしよう。
大会エントリーの2次募集が終了し、今年も外れちゃったか、
という時期にボランティアの募集が始まる。

ランナーの受付である東京マラソンEXPOと大会当日のどちらか
また両方にもボランティアとして参加できる。

当日は朝が早いので、自宅から必ず指定の時刻場所に
集合する。

キャップとコートはもらえる。
ボランティア活動中は必ず着用し、活動終了後に応援に行く時には
そのコートとキャップは、外すこと。
ボランティスタッフが仕事せずに応援していると見られるため。

活動中は個人的な携帯電話、スマホ、デジカメの使用禁止。
荷物預かりは無いので、近くのコインロッカーに預けるか小さく
まとめてウエストバックかザックに背負う。

外での活動なので、体がとても冷えることを想定して、厚着で行く。
給水所なら濡れることもあるので、ゴム長靴もありかと思う。
私はゴアテックスのシリオの登山靴を履いていった。

さらに100円ショップで買ったカイロを幾つか身につけていたけど、
これはあまり温かくならなかった。
やはり薬局でちゃんとしたカイロを買えば良かった。

小さめのサーモボトルに熱々の紅茶を入れて持っていった。
これは活動中で少し飲んで暖まった。
交代しながら休憩してもいいよ とリーダーには言われたけれど
誰も休憩することはなかったし、ランナーが、途切れる事なく走って
きたら、誰もその場を離れることはなかった。


いったん帰宅してシャワーを浴び、再び電車に乗って
大崎へ、

ここで、東京マラソン打ち上げ呑み会に参加。

来年は走れるかな>東京マラソン2014



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.25

東京マラソンEXPO 2013 ボランティア活動

当選倍率が10倍以上の人気マラソンといえば
そう、東京マラソンですね。

昨年は、初の申込みで運良く当選した走れたのですが、今年は
外れました。

というわけで、今年はボランティア活動でランナーを
支援することにしました。

2013年2月23日土曜日
朝、vibram【ヴィブラム】TREKSPORT で11kmジョギング。
午前11時30分から、東京ビッグサイト会議室でボランティア説明会に参加。
とてつもなく綺麗なでっかい会議室だった。
なんと参加者は900名。

コンビニで買ったおにぎりとパンを食べて、東京マラソンには
出ないけど、EXPOを見に行く。

ここは参加ランナーじゃなくても、入れるので、応援の人と
一緒に見て回ることもできる。

今回は参加しないので、時間をかけてゆっくりと見て回る。

と言っても、あれもこれも観たいというのは、特になくて
アディダスの新型シューズだけが気になる。

そのシューズは、とてもフワフワした感じで、さらにクッション性が
高く、反発がすごい!
なんかバネ付きのシューズでも履いているかの如く、
ピョンピョン跳ねるような不思議なシューズだ。


アディダスは、これまでmana6を4足以上履いている。
それとハーフ以下用として、匠練も使っている。

ふわふわ、ピョンピョン系のシューズも面白いが、私は買う気には
まったくなれなかった。

それは既存のランニングシューズが、プレートを入れたクッション材を
使っていて、シューズの曲がりが伸びる力の反発で推進力を作り出している
のに対して、この アディダス Energy boost エナジー ブーストは
ソールの素材の反発力で、ピョンピョンしているだけで、走る力とは
違うような気がしたからだ。

しかもこの跳ねる感じで、ハーフマラソンやフルマラソンが走れるのか疑問?

うまく着地できなかったら、変な方向へ跳ねてしまうのではないだろうか?
ソールの耐久性はあるのか?
足首その他の関節に異常が出る事はないのか?
ソールがすり減ってきたときの反発は左右にぶれたりしないのか?
ランニングフォームに悪い癖がつかないか?

などで、遊びで使うシューズ、普段履きのシューズならいいかもね
というところだ。

あの価格は、高い。
匠が買えるじゃん。

アディダスでは、インタビューされたり、でっかいジューズの
前で恥ずかしいポーズをさせられて写真撮られたりした。


猫ひろしや、高橋Qちゃんを生で鑑賞し、会場の角から裏へまわる。
そこがボランティアの集合場所だ。

ナンバーカード交換のボランティア活動を、15時から最終ランナーの
受付まで行う。

去年は自分は向うから、受付証をもって、ここへ来てナンバーカードを
受け取ったのか〜、と感慨深くなっていた。
でも全然のその時の事を覚えていない。

書類を確認したあと、ランナーに渡すのは、ナンバーカードと
ICチップ、荷物袋とそれに貼付ける名前シールだ。

それらの説明は特に難しくもないので、簡単な仕事なのだが
10人に1人くらいは、海外から参加のランナーさんだったので
まあ久しぶりに英語で無茶苦茶な説明をしたりしたわけです、はい。
そんなこんなで、結構たいへんな作業でした。

最終受付は19:30。そこでゲートは閉められてしまいます。
しかし、ナンバーカードはたくさん残っている。
なんで皆、受付に来ないんだ?

走りたくて参加したくて、毎年毎年応募しているのに
1度も当選したことが無い人も多いというのに、、。

私が担当したブースだけでも、100名以上のランナーは
ナンバーカード交換に現れなかった。

最後の受付ランナーは、外国人の背の高い白人の人。
手続きが終わると、ボランティアからの大拍手!!

すべてのランナーの受付が終わってから、ボランティアメンバー
全員の集合写真を撮影。
時間がかかって、待っているので更に疲れる。
あの写真はどこで何に使われるの?

来年はもっと英会話をお勉強してから、参加しましょうかね〜。

adidas アディダス Energy boost エナジー ブースト

ペレット状のTPU(ポリウレタン)を特殊技術で成型したクッション素材が革新的。
一見、発泡スチロールかと思うようなミッドソールが、思わず笑ってしまうほどの
弾力性を発揮します。
この高反発素材は更に、対耐久、温度変化に強い性質を持つ。
新開発素材新的ミッドソール"boost foam"がランナーを
未体験ゾーンの走りへ誘います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.27

東京マラソンの抽選結果は、、?

2012年9月26日水曜日。

いよいよ今日か。

東京マラソンの抽選結果が判明するドキドキの日なのだ。
日中もメール受信がある度に、期待が高まる。

ただしいくら期待しても、それは抽選。

午後になってもメールは来ない。

もしや、時間がかかっているってことは、残念落選ではなくって、、

とやはり期待してしまうのだけど、

夕方のメールで、落選通知を受信。

嗚呼〜、今年はもうダメダメな年なのかな〜。


大坂マラソン 落選。
神戸マラソン 落選。
そして
東京マラソン 落選ほぼ決まり。

ONE TOKYOのプレミア会員なので、もう一度、抽選のチャンスがある。
まあそれは、残り僅かのラストチャンス。

今、抽選待ちは、京都マラソン。

東京マラソンは、ボランティアで参加してみるのも良いかと
考えているけど、マスクマンは無理、、っか。



東京マラソンで探してみようか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.29

東京マラソン2012 レース後編

浅草を折り返してから、ついに脚が重く感じて来た。

頑張って30kmまでは、このペースで行こうと
気合いを入れる。

30kmまで、1km平均5分40秒ですすんでいる。

順調だ。


2度目の銀座4丁目交差点。

ここから先は応援が少なくなってきて、ランナーもしんどくなる。

最初の給食でもらったバナナは、丁寧に皮を剥いてあった。
そのため、受け取った左手が、ベトベトになってしまった。

手袋で左手を拭いて綺麗にする。

2回目のバナナは、皮付きでしかも大きいのを選んだ。
皮を剥きながら、少しずつ食べて走る。

期待していた人形焼も、頂いた。
疲れた体に甘いお菓子はパワーが出てくるな。


ついにラストの山場である橋が見えてきた。
だんだんと脚が上がらなくなって来た所での上りは辛い。

順調だったペースもここで、一気に歩きに近いくらいに
遅くなってしまった。

練習では、タマリバーをずっと10〜15km走り、折り返して
最後に中原街道を上っていた。

この最後の上りはとってもしんどかったけど、この練習は
まさに東京マラソンの35km以降にあったものだった。

いろんなコスプレランナーを抜いてきたけど、抜いたり抜かれたり
を繰り返しているランナーもいる。

蒼い妖精さんと、黄色のミツバチさん、そして沿道から声援が
とても大きかったセーラー服の女性。

これらのコスプレ衣装は、人目につくけども走りにはあまり
影響がないので、けっこう速いペースで走る事ができる。


セーラー服の女性は一見高校生くらいに見えるけど、その走りから
けっこうなベテランランナーではないかと思う。

何度も一緒に走っているうちに、後ろから見たそのランニングフォームに
コスプレしてても軽くサブ4ですよ、なオーラが見えた。

30km過ぎても、体幹の筋肉で体を支え
体の芯がしっかりとしていて安定した走りをしている。


結局、40kmでまたまた追い越されて、彼女には負けてしまった。


最後の最後まで、左手首に巻いているガーミン405とにらめっこ。
せっかくの前半の貯金もわずかになり、4時間ぎりぎり切れるくらい
までタイムが落ちてきている。

ここまできて、サブ4いかないのは悔しい。

重くなってきた脚をなんとか根性で動かして、ゴールを目指す。
自分のガーミンではすでにゴールしているけど、実際にはまだ
走らなければいけなかった。

ガーミン42.7km

グロス 4時間15分10秒くらい。

そしてネットタイムは3時間59分!!

前回の湘南国際マラソンから、な、なんと35分もの大幅記録更新!!

やったね。


フルマラソン2回目にして、念願のサブ4達成だ。


東京マラソン2012 tokyo_finish

しばらくするとマスコミのカメラマンや取材がたくさん
ゴール付近に集って来た。

数分後に東相馬市長が、フィニッシュしたのでその取材だった。


東京マラソン 完走メダル tokyo marathon medal


サブ4の決めてはなんだったろう。

途中1回もトイレに行かなかったこと。
前半の下りの勢いをできるだけ長くキープ出来た事。
落としたウィンドブレーカーを拾いに行かなかった事。
多くの声援に後押しされたこと。

ゴールしてからトイレまではすぐに行けないと聞いていたけど
本当にそのとおりだった。


1tokyo_marathon 東京マラソン タオル

完走記念の金メダル
完走記念バスタオル、しかもこれを肩からひとりひとりかけてくれる。
有名選手になった気分だね。
寒くなって来た体にありがたい、大きな、しかもデザインの格好良いタオルだ。

アミノバリュー1本
東京水1本
ソイジョイ1本
バナナ1本、みかん1個
エアーサロンパス1本


1tokyomarathon_mioyage


そしてようやく荷物受け取りスペースへ。
自分の荷物預け番号2桁ところへゆっくりと歩いていくと
遠くからナンバーを確認してくれたボランティアスタッフが、

4**、4**!

と下3桁を叫んで、奥のメンバーに伝えている。

自分がそのエリアに近づいた時には、すぐに荷物を手渡ししてくれた。

若いボランティアスタッフは高校生だろうか。
今時の若いもんは、、、なんて言う歳の私だが、ここにいる
高校生たちのなんと爽やかで、誠実で、行動のテキパキと
していることか。

君たち立派な大人になるよ。
ありがとう!


着替えスペースがめちゃくちゃ広い。
ビニールシートを広げて体を延ばして着替えられる。

おっと、太ももがつりそうになった。
シューズを脱ぐのも、タイツを脱ぐのも慎重に慎重に。

奥にはパーテーションで仕切られた特等席みたいなブースがある。
そこはチャリティーランナー専用の着替えスペースだった。

かなりの優遇みたいに感じたが、飛行機のビジネスクラスとかの
意味ではなく、チャリティーとしての寄付金を頂いたランナーという
趣旨からすれば、着替えスペースでの優遇というのは、??ではないかな。

VIPではないんだからね。


着替えが終わって、トイレ。
よくもまあ、最後までトイレに行かずに済んだもんだ。
練習での20km、30kmのときに出来るだけ途中、トイレに
行かないようにしていたのが良かったようだ。


スターツさんの足湯に入る。

ぬ、ぬるい。

文句は言えないけど、もうお湯はいろんなモノがぷかぷかと
浮いている。

いまいちその効果は感じられなかったけど、そのお湯は
川治温泉のものらしい。

妻へ電話、記録更新の報告。
妻もツイッター張り付きで応援してくれていたらしい。


ipot touch でオンライン。
ツイートで応援してくれた仲間がいた。

終わってからしか見れなかったけど、とってもうれしいよ。
皆、ありがとう。

5kmおきのラップタイムを貼ってくれていたので、自分のペースが
うまくいっていた事が確認できた。
40km以降は落ちたけどね。


さてと、全て終わって、祭りのあと、やや放心状態で帰宅の途へ。

ビッグサイトからは、駅までいったいどれくらいかかるのかな?
東展示棟から、ランナーはすべて順路が決まっており、まっすぐ
駅の方向へは進む事が出来ない!

全員が西展示棟の待ち合わせスペースを通って行かなければ
いけないのだ。


1tokyo_marathon_kaeri

待ち合わせがない私のようなまっすぐはやく帰りたいランナー
にとってはすごく迷惑な帰り道だ。

フルマラソン走ったあとの人は、皆、その足取りも重く、エスカレーターで
歩いて上って行く人はほとんどいなかった。

何度も上ったり下ったりさせられて、ようやく駅に着いたのは
ビッグサイト東展示棟を出てから、たっぷり30分はかかっていた。

これ、なんとかなりませんかね〜。

待ち合わせ組と駅直行組に分けた帰り順路の設定をぜひともお願い致します。

ということで、見事サブ4達成。
満足な東京マラソン2012でした。

次の出場予定大会は、3月10日。 人生初の駅伝です。

第1回 東京ラビッツウルトラ100km Run Run リレーin 品川
http://www.tokyo-rabbits.jp/



Point スプリット (ネットタイム) ラップ   通過時刻
 5km 00:43:17 (0:27:30)  0:27:30  09:53:17
10km 01:10:14 (0:54:27)  0:26:57  10:20:14
15km 01:37:42 (1:21:55)  0:27:28  10:47:42
20km 02:05:22 (1:49:35)  0:27:40  11:15:22
25km 02:33:27 (2:17:40)  0:28:05  11:43:27
30km 03:01:48 (2:46:01)  0:28:21  12:11:48
35km 03:31:30 (3:15:43)  0:29:42  12:41:30
40km 04:01:51 (3:46:04)  0:30:21  13:11:51
Finish 04:15:10 (3:59:23)  0:13:19  13:25:10


出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人!


出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人
出張 ホテル予約 検索サイト

人気映画・TVBLOG


ciste Japan シスト日本

フランス発祥といわれるシスト。
宝探しゲームです。


OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア


タミヤ CR-01 情報


コスプレ撮影 ラジコン グルメ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

101:スターウォーズ | 102:マッドマックス | 103:頭文字D | 104:iPod touch | 105:iPhone | 303:W-ZERO3 | 304:マック/Mac | 305:京商 ミニッツ | 306:エンツォ・フェラーリ | 307:AWDシャーシ | 308:GT-R32 | 309:ランサーエボリューション | 310:インプレッサ | 311:フェラーリ・モデナ | 312:フェラーリF430 | 313:NSX | 314:ランボルギーニ・カウンタック | 315:オーバーランド | 316:ナスカー | 317:フェラーリ・246GTディノ | 318:レクサス・SC430 | 319:フェアレディ350Z S-Tune | 320:ミニッツMR-02LM | 321:GT-R35 | 322:GTR GT500 | 330:ミニッツ基盤 | 340:ミニッツMR-03 | 399:MOAクローラー | 400:田宮CR-01 ランクル40 | 401:ARSサーキット | 402:京商表参道 | 403:ラジコン天国秋葉原 | 404:ラジコン天国戸塚 | 405:彩速 彩スピード | 406:キッズランド大須店 | 407:ウィークエンドホビー | 408:TOKYO東雲CIRCUIT | 409:京商秋葉原 | 410:ラジコン天国くずは | 411:ラジコン天国京都 | 412:ラジコン天国センター北 | 413:ラジコン天国川崎 | 414:オーム模型@札幌 | 415:プロ模型@札幌 | 416:ラジコン天国沖縄カデナ店 | 417.ニコニコサーキット | 418.水天宮前RCサーキット | 501:湘南国際マラソン | 502:東京マラソン | 503:フロストバイト | 504:東日本国際親善マラソン | 505:マニュライフ生命 in 味スタ_ | 506:ウルトラマラソン | 510:トレイルランニング | 511:ロゲイニング | 512:西丹沢アドベンチャートレイル | 513:鎌倉トレイルランニング | 514:多摩川源流トレイルラン | 515:足立フレンドリーマラソン | 516:三浦半島縦断トレイルラン | 517:Izu trail journey | 518:ハセツネ | 519:UTMF STY | 520:東京夢舞いマラソン | 530:東海道五十三次 | Ingress | おすすめサイト | お城 | お酒/ビール | アウトドア | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オリンピック | オーストラリア | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | コスプレ | サプリメント | ジョギング | スポーツ | タクシー | ニュース | バイク | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ホテル/旅館 | ママチャリGP | マラソン | ラジコン | ロボット | 住まい・インテリア | 喫茶店/コーヒー | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 演劇 | 登山 | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 自転車 | 芸能・アイドル | 趣味 | | 鉄道 | 音楽 | 駅伝