カテゴリー「506:ウルトラマラソン」の記事

2016.09.19

GARMIN ForeAthelte910 ベルト交換

長年使っている GARMIN ForeAthelte910 のベルトがついに千切れてしまった。

もう4年近く使っていsるかな。
バッテリーは今でも充分持つのでまだまだ使うつもり。

ということで、ベルト交換のためパーツを検索。
ベルトだけでも結構高価なのね> GARMIN ForeAthelte


ベルトだけではなくて、自転車のハンドルバーにもすぐに取り付けできるという
クイックリリースキットを購入。

20160917_213523

20160917_213640

20160917_214739

切れてしまったベルトを取り外す。
キット付属の小さなプラスドライバー2本を使う。
錆びていて固着しているため、外すのには苦労した。

20160917_222407


反対側のベルトを外すために2本のドライバーでグリグリやったが、
まったく動かず。
ベルトを切って、ペンチで直接細長い接続ボルトを回してなんとか外した。


20160917_223011


ベルトを外した本体に、写真左にあるパーツを取り付ける。
これがベルト部分にクイックリリースできるようになっている。
ベルトを締めていた穴にこのパーツをボルト・ナットで装着。
外したものはもう使えないので、パーツにある新品ボルト・ナットを使う。


20160917_223739

20160917_223658

クイックリリースにしたGARMIN ForeAthelte910。
ベルトのみの交換ではなく、パーツが間に入るため大きな
GARMIN ForeAthelte910 が更に分厚くなってしまう。
ランニングのみでの使用では、無駄なことだったかもしれないが
私は本体のみくるっと回して外せる、というのが気に入った。


20160917_223946


欠点はさらに大きくゴツくなったこと。
充電時にも、ベルトから外さねければいけないこと。

トライアスロン用に開発されたキットのようで、腕時計ベルトから
時計本体部分のみを、くるっと回して外し、自転車のハンドルバーの
アタッチメントにクイック装着。

自転車からランニングへの移行時に、本体をハンドルバーからはずして
手首のベルトに装着という便利グッズなのだ。

私はトライアスロンはやっていないので、自転車につけることは
特に必要ないけど、今乗っているマウンテンバイクには
スピードメーターがないので、たまにはGARMINで計測してみたいと
思っている。

ちなみにこの自転車は、ニュージーランド、オーストラリアを含め
通勤に使っていたこともあり、走行距離は2万kmを軽く超えている。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.09

なぜ長距離を走ると食べ物を受け付けなくなるのか?

食べ物も飲み物も、受け付けなくなってしまう
こんな状態からはリタイヤするしかありませんね。


胃腸が止まってしまうのは、簡単に言うと走りすぎだからです。
通常の生活であれば、激しい運動が終わって給水、補給があって
胃腸が動き出す時間に入る。
ところがウルトラやロングトレイルで走り続けていると、

体は、これは胃腸タイムどころではない、とにかく脚への
血液、リンパの循環、壊れた細胞の再生を続けなきゃいかん
と判断し、胃腸の動きを止めてしまいます。

これは、プロのトップランナーでも私のようなギリギリランナー
でも同じことが起こりえます。
体の症状なので、レース中にこうなる可能性もあります。

ではその対策はどうしたらよいでしょうか。

食欲がなくなるまで、走り過ぎないこと。
速い人やタイムを狙っている人ほど、前半オーバーペースで
全ての機能を脚に集中させてしまいます。
そのまま続けていると胃腸がストップしてしまいます。

食欲がなくなるまで、追い込まないこと、
下りで全力脚力ダッシュをしないこと。
常に余力を残して脚を温存してペースを作ること。
(私の場合は、登りは全て歩きとなります)

エイドで食欲がないようだったら、そのあとは脚を休める走りで
胃腸が動き出すように体を普通の状態に戻しましょう。
もちろんこれでタイムは伸びてしまいますが、何も補給できずに
リタイヤするよりはマシでしょうか。

初めての100kmマラソンでは、フィニッシュ後には全く食欲がなく
数時間経ってようやく元気になったので、家族と寿司屋へ行き
ルービーで乾杯!
しかし、これがよくなかった。
まだ胃腸は止まったままだったので、帰宅後から下痢が続いて
3日間くらいまともな食事ができなかった。

今では、上記のような体が変化する仕組みがわかった(個人的な見解です)
ので、STYでもエイドでモリモリ食べて、胃腸が止まることは
ありませんでした。





トレイルランニング ブログランキングへ


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トレイルランニング


にほんブログ村 アウトドアブログ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.06

ウルトラマラソンやロングトレイルでの距離感の考え方

制限時間5分前に完走(完歩?)できた2014STYは、
距離91km 制限時間24時間。

これまでに経験のない距離と時間、そして夜間走行。
ペース配分なんか全くできないので、こういう考えで臨みました。

☆20kmのトレイルランを5本走る。

20~30kmなら鎌倉でもよく走る距離なのでペースや体の状態は把握できますね。
これを続けて5本やるということにします。
エイドも20〜30kmで1つあるので、ここで
「よし、1本終わった。水、食料補給して、2本目行こうか!」

って感じで、24時間走り、いや動き続けました。

エイドと渋滞以外では、止まらない。
エイド休憩は10分以内。最後のエイドで初めて座り込んでストレッチ
30分くらい休憩して
予定(?計画)通りにギリギリでフィニッシュ!

ちなみに、このSTYの前月走行距離は72km、全前月が86km。
練習嫌いの私らしいデータ。

走った距離は裏切らないというけれど、
走らなくても完走しちゃうおじさんもいる。
たった1日で1ヶ月分走ってしまうとか、、

速い人には参考になりませんね。ではでは、、






トレイルランニング ブログランキングへ


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トレイルランニング


にほんブログ村 アウトドアブログ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.15

GARMIN Forerunner 405 ベルト交換

丈夫なゴムで出来ているような、GARMIN Forerunner 405の
ベルト部分。

すっかりバッテリーがへたってしまい、今やフルどころか
ハーフマラソンでも途中でバッテリーが切れてしまう。

走る時は使わず、普段使いにしていた。

しかし、仕事で激しくあちこちにぶつけるため、
ベルトがいつの間にか、引きちぎれてしまった。


Garmin405borobelt

すでに販売終了しているGARMIN Forerunner 405。
ベルトだけって買えるのだろうか?

ありました、Amazonでベルト交換セットが。


GARMIN(ガーミン) 純正 Forerunner 405,410 交換用バンド Black (日本版ForeAthleteにも利用可) [並行輸入品]



Garmin40501


ベルト2本、ピン2本、特殊工具?1本

GARMIN Forerunner 405本体の裏ネジを外すには、プラスでもマイナスでもなく
あの星型のボルトが使用されており、トルクスレンチが必要になります。

Garmin_hex



まあ、でもそこは外さなくても、ベルト交換はできたかもしれません。

ベルトはピンで留っているので、キットについている専用工具で
こじって、外します。
そのときに、一部プラスチック部分が欠けてしまいました。
少しガタは出ますが、使用には問題ないでしょう。


Garmin405_koukansagyo


ピンを抜く時は、グリグリやっていれば、いずれ抜けてくれるのですが、
新しいベルトをはめ込む時は、なかなかうまくピンがはまってくれません。

腕時計収集の趣味がある人くらいしか、この作業は
簡単にこなせないのではないかな〜。


というわけで、無事、ベルト交換は完了。

バッテリーは完全に弱っているけど、普段使いの腕時計には
充分なスペックです。



マラソン・ジョギング ブログランキングへ



iphone1art

世界に一つだけ!オリジナルのiphoneカバーを注文できます。




Garmin405_kanryou


レビューポータル「MONO-PORTAL」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.14

えちご・くびき野100kmマラソン レース後編

トランジットで、新しいTシャツと靴下に交換して
気分一新、一気に行くぞ!

と気合いは十分だったが、まだまだ峠道は続いた。

もうほとんど走って上る元気はない。
歩いたり、走ったりで、なかなか前へ進まなくなってきた。

前半の貯金も10分くらいしかないことは、B&G海洋センターに
いるときにわかっているので、もう少しペースをあげたいところだけど
現状維持が精一杯になっている。


上り坂でゆっくりでもいいので、走っていると、どんどん前の
ランナーを抜いていく、ここが踏ん張りどころなのかもしれない。

えちご・くびき野100kmマラソン

サイボーグ009こと、品川庄司の庄司にそっくりのランナーとは
抜いたり、抜かれたりを非常に遅いペースで展開している。

一緒に走っているとき、彼は何も行動食をもっていないようだったので
ハニースティンガーのグミをめぐんでやった。

「嗚呼〜、、完走してぇ〜!!」 009叫ぶ。

「70kmからは、坂道はないらしいっすよ」 009語る。


ならばもう少しで峠は終わり、頑張ろう、踏ん張ろう。

えちご・くびき野100kmマラソン

第2関門 69.4km 浦川原いきいきセンター 

ここでトランジットの荷物を受け取るが、もうほとんど時間に
余裕がない感じだ。

着替えはせずに、ちょっと食べて給水して、荷物は開ける事無く
そのまま係の人に預けて、すぐ出発した。

80km通過。

えちご・くびき野100kmマラソン


あと20kmだ。
先が見えてきた。

行けそうな気がする。
いや絶対行く、100km行く、足が万全でなくても
マスクマンの意地を見せたれ!


山間部はいつの間にか終わり、日本海が見えてきた。
夜の帳が降りてきたようだ。

薄暗い早朝5時半にスタートして、12時間以上走り続けている。
また暗い時間帯になってきた。

反射テープのついたタスキを受け取る。
いよいよ暗くなる。

新潟の夜は暗い。
先を走るランナーのタスキが、後方からくる車の
ヘッドライトに照らし出されて、反射する。

足下は暗くて、ほとんど見えない。

90km通過。

あと10kmじゃないか、たった10kmじゃないか。
なのに、もう足が固まっている。
動かない。

また歩いてしまう。

えちご・くびき野100kmマラソン


残り時間と距離を計算すると、8分ペースで走らないと
制限時間13時間半ではゴール出来ない。
だから歩いてはいけないんだ、
とにかく走らないといけないんだ。

でも進まない、走りが重い、苛立ち、焦り、、。

体を大きく前傾させて、ぜーぜーと粗い呼吸で、今にも
倒れそうな状態で走っている女性ランナーがいる。
そこまで自分を追い込んでいるんだ。

自分はまだ呼吸には余裕があるじゃないか。
なんで動かないんだ。
なんで走れないんだ。
なんでギリギリなんだ。

明るいライトの光が見てきた。
歓声が聞こえる、フィニッシュゲートが見えてきた。

最後くらいは全力で走るぞ!

(でもガムを踏んで、グニっと、ぐらつく)

ダッシュできた。
万歳してゴールした。

皆とハイタッチした!

やったー!
やったんだ!

俺は100km走ったんだ!

もう今日は走らなくていいんだ!
もう休んでいいんだ。
横になってもいいんだ。


えちご・くびき野100kmマラソン

最後の10kmは、長かった。
本当に長かった。
今まで走ったどのフルマラソンよりも長く感じた。

でも諦めずに走り続けて良かった。

この達成感、満足感、充実感は、フルマラソンのそれとは
比べ物にならないくらいデッカイぞ!

足を故障してからは、満足に練習ができなかった日々。
レース当日も違和感と痛みは少し残っていて、けっして
満全とは言えなかった体調。

足の痛みがまた出てきたら、潔くマスクを脱いでリタイヤしようと
まで、最悪のシナリオまで考えていた。

しかし、完走できた。

皆が自分を後押ししてくれた。
パワーをたくさんもらった。

決して一人では出来得なかった100kmマラソン。
おおくの皆さんに感謝の気持ちで一杯だ。

ありがとう!皆さん。

私もこれでウルトラランナーになれたのだ。

えちご・くびき野100kmマラソン

記録 13時間26分02秒
ネットタイム 13時間24分30秒

50km地点 6時間17分16秒

出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人!


出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人
出張 ホテル予約 検索サイト

人気映画・TVBLOG


ciste Japan シスト日本

フランス発祥といわれるシスト。
宝探しゲームです。


OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア


タミヤ CR-01 情報


コスプレ撮影 ラジコン グルメ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.13

えちご・くびき野100kmマラソン レース前編

3時に目覚ましで起きる。

早くベッドに横になったけど、あまり眠れなかった感じかな。
睡眠時間は、いきなり早くは調整できないので、もっと
前から早起きにシフトしておく必要がある。

えちご・くびき野100kmマラソン


着替えて、荷物もって駅前のバスロータリーでバス待ち。
4:10のバスに乗り、会場のリージョンプラザ上越へ。

すでに多くのランナーが、集まり着替えて、トランジット用の袋を
まとめている。

私も、もう一度袋の中身をチェックして3つのトランジット袋と
自前のザックを係の人に預ける。


えちご・くびき野100kmマラソン

これから、まる1日走るので、トイレは済ませておきたい。

トイレできばってみるが、まったく反応無し。
朝5時前、出るわけないか。
いや、食べ過ぎか?

今日は曇り、暑くもなく、寒くもなく、マラソンにはちょうど良い気候だ。

チーム参加というか、グループ参加というか、そんな集まりが
あちこちにあって、皆で輪になってストレッチなどを入念に行う人達。

一人の私は、寝転がって、それを眺めて、大あくび。

中にいるのも飽きたので、マスクを被って、外へ出る。

スタートゲート前に集っているランナー。
後方に位置して、ぐるりと眺める。

えちご・くびき野100kmマラソン


まだ夜明け前の午前5時半。

スタート!!


いったいどんくらいのペースで走ればいいんだろう?

周りの人達にあわせて、ついていけばいいだろう。
トライアスロンの先生には、7分ペースで70kmまで走りなさい。
ぐっと我慢して行く。
速くても、6分30秒は切らないように気をつけて。

というアドバイスをもらっていたので、6分30秒から7分の
ペースですすんでいく。

えちご・くびき野は、峠越えが多くてきついというコースだが、
最初のうちは、田んぼの中の農道をを走る、ただひたすらに
広い平野を突き進む。

薄明るい早朝に、静かなランナーの集団。
今まで体験した事の無い、とても静かな闘いが始まった。

完治した、とは言えないけど、足首も膝の痛みもほとんどなく
足は順調にペースを刻んでいる。

沿道の人達が手を振ってくれる。

「おはよございます」

頭をぺこりと下げて、挨拶しながら走る。

走りながら、「おはようございます」なんて言ったのは初めてだ。


陽気なおじさんの声援。

「ラスト85km、がんばれ!!」

平野の向うまで延々と続くウルトラランナーの走列。
いったい今自分はどのくらいの順位なのだろうか。
スタートからはかなり後方だったので、全体の8割から9割は
自分の前を走っているのかな。

えちご・くびき野100kmマラソンは、
フルマラソン並みにエイドが充実している。
ちょっと走るとエイドがあるので、自らドリンクなど持つ必要は無し。

ところが、エイドでアミノバイタルを飲んで、自分の持参したボトルに
カップからそれを注ぎ入れて、持っていくランナーをよくみかけた。
そんなに飲んで大丈夫ですか?

えちご・くびき野100kmマラソン


おにぎりをいただく。
美味しい!!
新潟のお米、最高!

35kmくらい
平野が終わり、緩やかにコースは標高を上げていく。
まだ足には余裕があるので、ゆっくりながらも走って
上っていく。

それほどでもないな、なんて思っていたのは、始めのうちだけ
緩やかな上りは、あまり長く続かず、次第に坂道の傾斜は大きくなってきた。

歩きと走りで、ぼちぼち行く。

山の中でも、数キロおきには必ずエイドがあるので、ありがたい。

42.195地点を通過。
タイムは、4時間49分。 自己ベストタイムより50分も遅い。
足はまだ大丈夫。

えちご・くびき野100kmマラソン


この辺りから、サイボーグ009君とペースが同じくらいで、抜いたり、抜かれたりとなる。

エイドでボランティア活動を行っている中学生たちに、自分の姿が
わかってもらえず(サイボーグ009は世代的に知らん訳で、、)
落胆していたな。


えちご・くびき野100kmマラソン


51km B&G海洋センターで、トランジット袋を受け取る。
そのずっと手前を走っているところから、中学生がナンバーを読み上げて
センターへ連絡しているため、ランナーが到着すると同時に
中学生が自分の袋をもってきてくれる。

なんとも、やさしいエイドの活動をやってくれる。

まだ、半分なのかー。

えちご・くびき野100kmマラソン

Tシャツ、靴下を交換し、膝にザムストサポーターをつける。
氷をもらって、右膝をアイシング。

ここまでは、ゆっくりペースを守ってきたので、足首と膝は少しの
違和感のみで、痛みもなく、走るには悪い影響は出ていない。

随分と峠をやっつけてきたと思ったいたけど、このあとも
まだまだ、山道は続くらしい。

不意にカメラを持った人にインタビューを受ける。
不意打ち!
DVD買おうかな。

「制限時間まで、あと10分でーす!」

あまりゆっくりしていられない。
そのアナウンスを聞いて、急いでB&Gを飛び出して
後半戦開始なのだ。


出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人!


出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人
出張 ホテル予約 検索サイト

人気映画・TVBLOG


ciste Japan シスト日本

フランス発祥といわれるシスト。
宝探しゲームです。


OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア


タミヤ CR-01 情報


コスプレ撮影 ラジコン グルメ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.10

えちご・くびき野100kmマラソン 出発

東京から上越市までは、高速バスを使う事にした。
時間は、5時間半もかかってしまうのだが、5,000円くらいで
池袋から直江津まで一気に行けるので、これにした。

朝、池袋西武口から徒歩5分で、バス停。
10分おきくらいで、次々と高速バスが入って来る。


えちご・くびき野100kmマラソン 高速バス


近くにマクドナルドがあったので、無料の珈琲をもらおうか
と思ったけど、並んでいるし、バスの中でトイレに行きたくないし
ウルトラとはいえ、一応レース前なので、やめた。


上越のバスがきた。
なんと2台だ。

それまでの長野行きや軽井沢行きは、1台だったのに。
1号車はほとんどが、ランナーだった。
私は、予約したのが遅かったので2号車。
空いていたのに、私の隣だけは、おじさんが座る。
4人掛けシートのバスは、やはり、ちと辛い。

明日の本番に備えて、今朝は5時起きで余裕を持って池袋
まで来た。

しかし、バスに乗ると眠くなってしまう。
ここで、ゆっくり寝てしまうと、今夜はやく寝る事が出来なくなってしまう。
寝ないように、音楽を聴いたり、本を読んだりして、過ごす。

平日なので、高速は空いていて、予定より10分くらい早く到着。

直江津の駅に着くと思っていたら、そこはイトーヨーカドーだった。

宿泊先は直江津駅前のホテルハイマート。

歩いてホテルへ行き、チェックイン、ロビーにはえちご・くびき野
100kmマラソンに出場するランナーが10名くらいいた。

直江津駅前のホテルハイマート


やや薄暗く、湿った感じのカーペットは、良くも悪くも昭和の駅前ホテル。

ホテルに荷物を置いて、さてと食料買出しへ。

先にロビーへおりてきたランナーグループが、

「いつものイトーヨーカドー行くべ。そこしかねぇだろ」

なるほど、確かに、ここは駅前ホテルにも関わらず、周りには
全く店が無く、コンビニも無し。

そうとわかっていたら、高速バスを降りてから買い物するんだったな。

イトーヨーカードーで、スポーツドリンクとパンを購入。

ホテルに帰る途中で、シストの宝箱を隠して写真を数枚撮っておく。

ciste Japan シスト日本


ゆっくりしている時間はほとんど無くなり、ホテルに買出し食料をおいて
次に駅前のバス乗り場へ行く。

前日受付の会場であるリージョンプラザ上越へ、バスに乗っていく。

受付でナンバーカード2枚
ランナーズチップ2つ
トランジット用の袋を3つ
(黄色51km地点、水色80km、黒フィニッシュ)
大会プログラム
参加賞のTシャツ


えちご・くびき野100kmマラソン

寄せ書きの大きな布があったけど、もうあまり余白無い。
書くネタも無いので、眺めていたが、記念にひとつと
思いついた熊モンを書いた。

えちご・くびき野100kmマラソン


17:30〜前夜祭 参加費2,000円。

美味しそうな日本酒が、各テーブルに2本ずつ、ビールは5本以上も
あったかな。


しかしレース前日なので、ぐっと我慢。
乾杯の1杯だけビールを頂く。


えちご・くびき野100kmマラソン 前夜祭

あとはひたすら食べまくる。
おにぎり数個、お蕎麦、つきたてのお餅、唐揚げとかウィンナーとか
いろいろ、そういろいろと食べ過ぎた。

会場ではタイガーマスクさんに挨拶。
がっちり握手して互いのレース健闘を祈る。


えちご・くびき野100kmマラソン トランジット


上杉謙信ショーなどがあり、会場は賑やかで、楽しい前夜祭であった。

またシャトルバスにのって直江津駅前へ。
ホテルの部屋で、荷物を小分けして、トランジット袋ごとにまとめる。
今までやった事がない作業なので、なかなか決める事ができず
時間がかかってしまう。

えちご・くびき野100kmマラソン トランジット


靴下とTシャツは、どちらにも入れ、膝がもたなくなるであろう50km
には膝サポーター、最後の踏ん張り80kmには、VESPA PRO
メンズボディーシートを入れた。

目覚ましは、iPod touch、ウィルコム、ホテル常備の目覚まし時計の
3つに午前3時でセット。

21時過ぎには、ベッドに横になったけど、色々と荷物や朝の
バス移動などが頭の中をぐるぐる回っていて、なかなか寝付けなかった。

続く。

出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人!


出張ホテルを簡単検索!ホテル予約で出張の達人
出張 ホテル予約 検索サイト

人気映画・TVBLOG


ciste Japan シスト日本

フランス発祥といわれるシスト。
宝探しゲームです。


OUTBACK AUSTRALIA アウトバック・オーストラリア


タミヤ CR-01 情報


コスプレ撮影 ラジコン グルメ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.09

初めてのウルトラマラソン えちご・くびき野100kmマラソン

2012年10月6日
上越市で開催されたえちご・くびき野100kmマラソンに
参戦してきました。

こまかいレポートの前に、まずは結果。

初めてのウルトラマラソン完走!

記録  13時間26分02秒
ネットタイム 13時間24分30秒

足首や膝の故障もあり、思うように練習ができなかったけど
東海道五十三次で、1日50km走ったこともあったので、
まあ、なんとかなるだろうと甘い考えでの挑戦。

最後の10kmの長かった事、つらかった事。
フルマラソンより辛い10kmでした。


Echigo_kansodsc04261


フィニッシュ後に、デジカメで自分撮り。
いつもフラッシュoffで使っているので、暗いとぶれる。
しかし、これはウルトラマラソン完走での感激の震え、、か。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

101:スターウォーズ | 102:マッドマックス | 103:頭文字D | 104:iPod touch | 105:iPhone | 303:W-ZERO3 | 304:マック/Mac | 305:京商 ミニッツ | 306:エンツォ・フェラーリ | 307:AWDシャーシ | 308:GT-R32 | 309:ランサーエボリューション | 310:インプレッサ | 311:フェラーリ・モデナ | 312:フェラーリF430 | 313:NSX | 314:ランボルギーニ・カウンタック | 315:オーバーランド | 316:ナスカー | 317:フェラーリ・246GTディノ | 318:レクサス・SC430 | 319:フェアレディ350Z S-Tune | 320:ミニッツMR-02LM | 321:GT-R35 | 322:GTR GT500 | 330:ミニッツ基盤 | 340:ミニッツMR-03 | 399:MOAクローラー | 400:田宮CR-01 ランクル40 | 401:ARSサーキット | 402:京商表参道 | 403:ラジコン天国秋葉原 | 404:ラジコン天国戸塚 | 405:彩速 彩スピード | 406:キッズランド大須店 | 407:ウィークエンドホビー | 408:TOKYO東雲CIRCUIT | 409:京商秋葉原 | 410:ラジコン天国くずは | 411:ラジコン天国京都 | 412:ラジコン天国センター北 | 413:ラジコン天国川崎 | 414:オーム模型@札幌 | 415:プロ模型@札幌 | 416:ラジコン天国沖縄カデナ店 | 417.ニコニコサーキット | 418.水天宮前RCサーキット | 501:湘南国際マラソン | 502:東京マラソン | 503:フロストバイト | 504:東日本国際親善マラソン | 505:マニュライフ生命 in 味スタ_ | 506:ウルトラマラソン | 510:トレイルランニング | 511:ロゲイニング | 512:西丹沢アドベンチャートレイル | 513:鎌倉トレイルランニング | 514:多摩川源流トレイルラン | 515:足立フレンドリーマラソン | 516:三浦半島縦断トレイルラン | 517:Izu trail journey | 518:ハセツネ | 519:UTMF STY | 520:東京夢舞いマラソン | 530:東海道五十三次 | Ingress | おすすめサイト | お城 | お酒/ビール | アウトドア | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オリンピック | オーストラリア | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | コスプレ | サプリメント | ジョギング | スポーツ | タクシー | ニュース | バイク | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ホテル/旅館 | ママチャリGP | マラソン | ラジコン | ロボット | 住まい・インテリア | 喫茶店/コーヒー | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 演劇 | 登山 | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 自転車 | 芸能・アイドル | 趣味 | | 鉄道 | 音楽 | 駅伝