2019.10.14

台風19号に伴う多摩川の氾濫

地球温暖化の影響で、近年はゲリラ豪雨、台風の大型化が深刻化している。

 

2019年10月13日午後、ついに超大型台風19号が上陸してきた。
近所の呑川は、水嵩が増し、ものすごい勢いで水が流れている。
水量はいつもの大雨くらいと変わらない。
とてもウンチ臭くなるのだが、水量が多いため汚水は流れきってしまったのか
すでに匂いはない。

 

夕方はラグビーワールドカップで、日本代表が予選リーグを全勝トップで
勝ち抜き宿敵スコットランドを制し、勝利に感動した。

 

感動している場合ではないんだけど、、。

 

その頃、多摩川のライブカメラ映像はもう暗くてほとんど状況がわからない。
まだ明るかった5時位まででも、すでに川沿いのいつもジョギング
している道路は見えていた。
しかしそこから河原へ降りる道は半分くらいまで川の水位があがっていて、
これはもしかすると多摩川も危ないかも、、と思っていた。

 

22時過ぎにはそれが現実になってしまった。
ツイッターではすでに多摩川氾濫!水が溢れてきている!
という情報が飛んできた。

 

まさか!あの堤防をこえたのか。

 

朝起きて見たテレビニュースの映像は驚愕だった。
多摩川も氾濫してたいへんだったが、それよりも長野市や佐野市は
堤防が何箇所も決壊していて、今でも水が大量に流れ込んでいいる。
町全体が水に浸かっている。

 

20年以上前になるが、私は川崎市高津区に住んでいた。
そこは多摩川の直ぐ側で、花火大会のときはうるさくてテレビの音が
全然聞こえなくて、しょうがないから花火を見上げていた。
バイクで河原のモトクロスコースを走ったりもしていた。

 

最寄り駅は二子新地。

 

もしあそこにまだ住んでいたら(もうアパートはなくなっているけど)
1階に住んでいたから、床上くらいの浸水になっていたかもしれない。

 

いつも見ている多摩川だけど、あれは氾濫するとは夢にも思わなかった。

 

Tamagawa20191014_01

 

翌日、妻と多摩川二子橋まで散歩にいってみた。

 

リヤカーに荷物いっぱいのホームレスの人は、いったんどこかへ
避難していたようで、また同じ橋の下にリヤカーが整然と並んでいた。

 

 

台風19号に伴う多摩川の氾濫Tamagawa20191014_02

 

 

台風19号に伴う多摩川の氾濫Tamagawa20191014_05

 

 

上流から流されてきた草木が絡んで、大きな丸い塊になって
河原にゴロゴロしている。
木にはそれらが絡まり、幹が大きく膨れ上がったお化けのような
巨木になっている。

 

台風19号に伴う多摩川の氾濫Tamagawa20191014_04

 

 

台風19号に伴う多摩川の氾濫Tamagawa20191014_03

 

自然の驚異、猛威、いやこれも人間の無駄な開発による人災ともいえるのだろうか。


きっと、あなたも気に入るはず。
このリンクから登録できます
ここから簡単登録 ウーバーイーツ

Uber EATS japan ウーバーイーツ 


 

Uber EATS japan ウーバーイーツ  

 

 

| | コメント (0)

2019.07.14

ニュー・シネマ・パラダイス 閉館(泣)

名作だと知っていてもずっと観れない映画もある。
それが、ニュー・シネマ・パラダイスだ。
https://amzn.to/2jOkNdJ
映画館がなくなるストーリーだと聞いていた、、これは観てはいけない、悲しいすぎるわ、
と思いずっと観ることができなかった映画、名画。

先日、アマゾンプライムで観た。

中学高校の時期に、片道役30kmをバス代をケチって自転車で自走。
小銭を握りしめて、リバイバル上映専門の映画館に通っていた。
新作も観ていた。2本立てが多かったので今よりお得だった。
年間30本以上は観ていたと思う。

300円で古い映画が観れた。
ブルース・リーやジャッキー・チェン、スター・ウォーズも
リバイバル上映で観た。

試写会にも行った。抽選でスポンサーのサングラスがあたって
初めて(最初で最後か?)映画館のステージに上がってその景品をもらった。

中学生には全く似合わない、でっかいおばちゃんがつけるサングラスがその景品だった。
スクリーンには穴が開いていて裏側にでっかいスピーカーが設置されているのを知った。

それから20年くらい経ってからだろうか。久しぶりの熊本に帰省したおりに
市内でセンターシネマを探しただが、、ない、記憶を辿って歩き回るが無い!
そんなのとっくの昔になくなったよ、と地元の人。
上通の入り口近くにあった映画館もなくなっていた。

玉名市に親戚がある。
正月に遊び行ったとき、叔父が映画館はもうすぐ無くなるよ、
と言ったので迷わず行ってきた。
私以外には家族連れが1組だけ。上映されていたのは、大好きなジャッキー・チェンの
ヤングマスターだった。
その錦館ももう今はない。

父が字を書くと、ブロック体のようなテレビや映画の字幕のような感じの
真四角な活字のような字だった。
若い頃、映写技師をやっていて看板も描いていた。
そのため、四角い枠にびっしりのブロックみたいな字しか書けなくなっていた。
たぶん絵もうまかったに違いない。
父が働いていた映画館は地元の田舎町唯一の娯楽施設だったらしい。


遠く後ろの映写室からフィルムが投影され、右から左へと切り替わる。
別のロールに巻き取っている。
のぞき窓から、スクリーンを見つめているオジサン。

私が映画館に通っていた当時はそんな光景が薄暗い中にあった。
あの部屋に入ってみたい。
あの場所から観る映画はきっと一番素晴らしいに違いない。
そんな妄想がいつも頭の中に霞んでいた。

私が子供の頃通っていた映画館はもう1館も残っていない。
全て消えてしまった。
建物は生き物と違い生命はないのだが、なぜだろう?
なぜこんなに悲しいのだろうか。

やはり、ニュー・シネマ・パラダイスを観たら、とても悲しくなった。
泣きそうになった。
薄暗くて汚くて、クッションがふわふわで心地悪い椅子の映画館が
次々と私の頭の中に蘇ってきた。
そして、何かを問いかけてきたような気がした。

映画館が無くなる。
笑い悲しみ驚き、共に同じ時間を過ごした友を失くすようなものだのだろう。


 



 


 


 Uber EATS japan ウーバーイーツ












 


| | コメント (0)

2019.06.02

GPSウォッチ 買い替えに至った経緯とは、、 foreathlete245

今やランニングのトレーニングにGPSウォッチは
必須のアイテムとなっている。

コーチにストップウォッチでタイムを測ってもらっていた時代は
もう過去のもの、、。
もちろん今でもランニングコーチというのは、必要な存在なんだけど

一般的な市民ランナーが、専任コーチなんて雇えるわけがない。

というわけで、GPSウォッチ、ランニングウォッチの登場なのだ。

ランニングを初めた当初はスマートフォンのアプリを使っていたのだが、
その重さに耐えられなくなってきた。
長い距離を走れるようになると、もっと詳しいデータも欲しくなってくる。

 

ガーミンのGPSウォッチを買った。

走行距離、走行時間、ラップタイム、平均タイム、移動高度、マップ表示、

自分が欲しかった機能がすべて揃っていて満足していた。

 

Foreathlete245

 

 

さらに距離が長くなってきて、トレイルランニング、ウルトラマラソン参戦に
備えて、
Forerunner 910XT に買い替えた。
これで20時間も記録が可能になった。
100kmウルトラマラソンでは、十分にバッテリーがもってくれたが、
STYでは、最後の最後、10kmはバッテリー切れで、ペースが把握できず
ギリギリの23時間55分でフィニッシュ!

 

Forerunner 910XTを使い続けても良かったのだが、致命的な症状が現れてしまった。

 

GARMIN connect へのデータ転送ができなくなってしまったのだ。
Forerunner 910XT本体についても2つのボタンが吹っ飛んでしまった。
爪楊枝やボールペンで、つついてボタンを押すという、恐ろしい作業が必要となってしまった。

6年以上も使ってきたForerunner 910XTには、たくさんのレースやトレーニングの
思い出もあり、愛着がたっぷりあるのだが、いよいよ潮時か、、。

時代は、ブルートゥースでスマートフォンへのデータ転送で、
パソコンにUSBスティックを刺したりすることもなく、簡単にデータ転送・管理ができてしまう。

 

ただし、予算も以前のようには、、ない。
レースでも出なくなったので、ほとんど引退ランナーと呼ばれてもしょうがない状態。
まあ、獣神サンダー・ライガーさんも引退することだし、私も引退でいいか?

 

1998年のオーストラリア・アウトバック単独サイクリングから、ずっと
GPSといえば、GARMIN(ガーミン)に絶大の信頼をおいている。
南半球のオーストラリアでは、人工衛星がほとんど補足出来なかったため、
非常に時間がかかっていたのが嘘のような本当の話。

 


 

 

ForeAthlete 245
ForeAthlete 935

 

候補は上記2機種だ。
さあ、どっちにする?


 

 

Uber パートナーとして収入をゲットしませんか?
きっと、あなたも気に入るはず。
このリンクから登録できます
ここから簡単登録 ウーバーイーツ

 

Uber EATS japan ウーバーイーツ 

| | コメント (0)

«マッドマックス 怒りのデス・ロード ヴァルハラへ